医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【五日市記念病院】「薬剤助手」が病棟業務支援-クラーク的な事務作業担当

【五日市記念病院】「薬剤助手」が病棟業務支援-クラーク的な事務作業担当

読了時間:約 1分56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月05日 PM12:00


■五日市記念病院で試行

(広島市)の臨床薬剤科は今年4月から、病院薬剤師のさらなる職能発揮を目的にパートナー()の活用を試行している。薬剤管理指導業務に同行してもらい、薬剤師と患者の会話をその場でパソコンを使ってメモすることなど、クラーク的な事務作業を委託。業務の効率化につながり、薬剤管理指導業務に要する時間を試行前に比べて短縮できた。同業務の算定件数も大幅に伸びたという。

同院臨床薬剤科は以前から数人のパートナーを雇用。伝票整理や薬の取り揃えなどの業務を担当してもらっていた。こうした中、「薬剤師の病棟業務には事務作業が多い。本来の業務に時間を割くために、パートナーの積極的な活用を考えた」(荒川隆之臨床薬剤科長)。薬剤部門内だけでなく、病棟業務にもパートナーを活用するため試行を開始した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【JICA】キルギスで薬剤師国試創設‐日本型教育モデルを導入
  • 【中医協総会】無薬局町村の問題議論-かかりつけ進まぬ現状も指摘
  • 宝塚市内の受診で多剤抑制-調剤レセプト解析で明らかに
  • 【日本薬剤師会】過剰な薬価引下げ危惧-骨太の方針に見解
  • 【GE薬学会】“ポスト80%”は多面的評価で-目標達成後の指標を討議