医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 便失禁対象の遺伝子治療プログラムに関するオプション、ライセンス契約締結-アステラスら

便失禁対象の遺伝子治療プログラムに関するオプション、ライセンス契約締結-アステラスら

読了時間:約 1分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月27日 PM03:15

米Juventas社からJVS-100の独占的オプション権を取得

アステラス製薬株式会社は11月22日、米Juventas社と、遺伝子治療プログラムである「」の中国を除く全世界における独占的なオプションおよびライセンス契約を締結したことを発表した。

便失禁は、液状便または固形便が無意識または自分の意思に反して漏れる症状。社会的および衛生的な観点から、患者の生活の質に大きな影響を及ぼす。原因は加齢、筋肉や神経の損傷、出産など、さまざまな要因によって起こるが、有効な治療法は見つかっていない。

肛門括約筋の機能的・組織的改善が期待される遺伝子治療プログラム

JVS-100は、内因性組織修復経路を活性化するシグナル伝達タンパク質であるSDF-1(Stromal cell-Derived Factor-1)を発現する非ウイルス性の遺伝子治療プログラム。JVS-100は抗原性を持たないDNAプラスミドで、損傷組織に直接投与するように設計されている。また、これまでの臨床試験において、JVS-100は良好な忍容性を示し、反復投与が可能であることが確認済だという。また、便失禁動物モデルにおいて、JVS-100の筋肉内投与により、肛門括約筋の機能的、組織学的改善を促進する可能性が示唆されている。

今回の契約に基づき同社は、前期第2相試験からJVS-100の研究開発を行う独占的権利を取得するとともに、その後の開発・商業化のためにJuventas社からJVS-100を買い取る独占的オプション権を取得。今後も、便失禁を対象にJVS-100の開発を進めていく予定としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 糖尿病発症初期での運動は、miRNAの発現増加と心機能の改善をもたらす-オタゴ大ほか
  • 老化細胞を詳細に解析できるマウスを作製、肝・腎から除去でNASH改善-東大医科研
  • 新型コロナウイルスの重症化を予測する5因子を同定-NCGM
  • 新型コロナウイルスを捕捉・不活性化する人工抗体の作製に成功-名大ほか
  • ATLに対する同種造血幹細胞移植後、他臓器に先行して目に炎症が出現-東京医歯大ほか