医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬学教育協議会・18年就職調査】「非就職」「未定」減少に転じる-増加は一服も、依然高止まり

【薬学教育協議会・18年就職調査】「非就職」「未定」減少に転じる-増加は一服も、依然高止まり

読了時間:約 3分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月19日 AM10:00

薬学教育協議会は、「2018年3月薬系大学卒業生・大学院修了者就職動向調査」をまとめた。6年制薬学部73大学(74学部)の卒業生の進路は、薬局が最も多く、ドラッグストアなどの一般販売業を合わせると就職者は4割以上を占めた。一方、無給の研究生などを含め「就職しなかった」学生の総数は1536人と昨年度の1775人から大幅に減少。このうち、非就職者と未定者の合計も1374人と昨年の1550人から減少し、改善が見られなかった“就職しない”学生の増加に歯止めがかかったようだ。また、新卒者のうち第103回薬剤師国家試験を受験しなかった学生も973人と昨年の1342人から大幅に減少し、憂慮される事態は一息ついた格好となった。

調査は、6年制第7期生を輩出した薬系大学をはじめ、全国の国公私立薬系大学73大学(74学部)から回答を得た。6年制卒業生の総数は9579人と、最多となった昨年から54人の減少に転じた。男女別に見ると、男性が3679人、女性5900人だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中医協総会】費用対評価、範囲拡大に慎重論-「時期尚早」と反対意見多く
  • 【厚労省】スイッチ化の可否行わず-企業が厚労相に直接申請も
  • 【厚労省】WHO試験「詳細な検証を」-レムデシビルの効果認めず
  • 【文科省委員会】橋渡し研究支援機関を認定-大学発シーズ実用化加速へ
  • 【日薬調査】薬局経営、8月はやや改善-インフル同時流行に警戒