医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品・医療機器 > 卵巣がんの腫瘍マーカーを迅速測定する「エクルーシス試薬HE4」を発売-ロシュD

卵巣がんの腫瘍マーカーを迅速測定する「エクルーシス試薬HE4」を発売-ロシュD

読了時間:約 1分10秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月05日 AM11:15

早期発見が困難な卵巣がんの鑑別補助診断に

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社は11月1日、卵巣がんの鑑別補助診断に用いられる腫瘍マーカー、ヒト精巣上体タンパク4()を迅速測定する「」を、11月2日付けで発売すると発表した。


画像はリリースより

卵巣がんは年間約1万人が新たに罹患し、死亡者数は年間約5,000人と推計されている。初期症状がほとんどないため、早期発見が難しく、進行した状態で見つかることが多い。良性腫瘍との鑑別が難しいこともあり、手術によって採取された組織検体による病理検査が確定診断に用いられるが、血液検査で測定された腫瘍マーカーも鑑別補助診断に活用されている。

微量検体でHE4を18分で自動測定

HE4は、卵巣がんの患者で高値を示すとともに、子宮内膜症などの良性疾患や妊娠などでは上昇することが少ないマーカー。卵巣がんの腫瘍マーカーとしてはCA125が知られているが、感度が高い一方で、良性疾患や炎症性疾患でも上昇し、月経周期や妊娠で変動する。HE4はCA125とは相関性がないため、2つのマーカーを組み合わせて使用することで、卵巣がんの鑑別に有用な指標(ROMA Index=Risk of Ovarian Malignancy Algorithm)となることが期待されている。

エクルーシス試薬HE4は、電気化学発光免疫測定法()を測定原理とする、同社の自動分析装置「8000」、「6000」、「コバスe411」および「モジュラーアナリティクス」を用いて自動測定が可能。使用機種によるが、6μLまたは10μLという微量検体で、HE4を18分で測定する。同製品は開封後4週間または16週間、自動分析装置上で安定性を保つため、検体数が少ない医療機関の検査室にも対応可能だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品・医療機器

  • ミチーガ、「アトピー性皮膚炎に伴うそう痒」世界初の抗体医薬品として発売-マルホ
  • バビースモ、投与間隔の延長で治療の負担減期待-中外
  • 症候性先天性CMV感染症に対するバルガンシクロビルの有用性を確認-埼玉県小児医療センターほか
  • 気管支鏡検査用マスク「e-mask」の飛沫防止効果と、検査時の安全性を実証-名大
  • 結節性痒疹を対象としたネモリズマブのP3試験の結果をガルデルマ社が発表-中外