医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > MLL再構成急性骨髄性白血病に乳がん既存薬CDK4/6阻害剤が有効な可能性-京大

MLL再構成急性骨髄性白血病に乳がん既存薬CDK4/6阻害剤が有効な可能性-京大

読了時間:約 1分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月05日 AM11:30

MLL再構成AMLで新たにCCND3遺伝子変異を発見

京都大学は11月1日、MLL再構成の急性骨髄性白血病()において、新たにCCND3遺伝子変異を発見し、乳がんの既存薬であるCDK4/6阻害剤が有効な可能性を明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科の松尾英将助教、吉田健一助教らによるもの。研究成果は、米血液学会発行のオンライン雑誌「Blood Advances」に掲載された。


画像はリリースより

AMLは、従来の治療法では再発例が多く長期生存率が低いことから、新しい治療法の開発が望まれている。中でも、MLL再構成AMLという病型は小児(とくに乳児)に高頻度にみられているもので、詳しい遺伝子異常はわかっていない。また、これまでAMLにおいて報告されてきた遺伝子異常の多くは、現時点で治療標的にならないという問題もあった。

CCND3遺伝子変異のないMLL再構成AML細胞株にも効果

今回、研究グループは、JCCG日本小児がん研究グループAML委員会による臨床試験AML-05に登録された小児MLL再構成AML症例の余剰検体を用いて、次世代シークエンサーを用いた網羅的な遺伝子解析(全エクソンシークエンス9例、ターゲットシーケンス56例)を実施。その結果、小児症例の約9%、成人症例の約3%で新規CCND3遺伝子変異を発見した。さらに、乳がんで臨床応用されているCDK4/6阻害剤が、CCND3遺伝子変異を持つMLL再構成AML細胞株の増殖を著明に抑制することを明らかにしたという。

今回の研究結果より、今後、CDK4/6阻害剤がMLL再構成AML治療の選択肢となり、CCND3遺伝子変異がCDK4/6阻害剤の有効性を予測できる指標となる可能性が明らかになった。また、CDK4/6阻害剤は、CCND3遺伝子変異を持たないMLL再構成AML細胞株に対しても有効だったという。そのため、CCND3遺伝子変異以外にも、CDK4/6阻害剤の標的となるメカニズムの存在も考えられるとしている。研究グループ今後、そのメカニズムの解明に加え、白血病化マウスを用いたCDK4/6阻害剤の有効性の検証などを行う予定だとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 緊張をコントロールし課題の成績を向上させる脳内メカニズムを解明-高知工大ら
  • 細菌に備わる「薬剤排出ポンプ」の進化を解明、Hibの多剤耐性化リスクを指摘-阪大
  • 高齢者肝切除後に自立生活が困難になるリスク評価を確立-大阪市大
  • 便秘薬リナクロチド、慢性腎臓病の進行抑制および心血管疾患予防の可能性-東北大ら
  • 初期乳がんリンパ節転移を効率的に治療する新しい手法を開発-東北大ら