医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > MLL再構成急性骨髄性白血病に乳がん既存薬CDK4/6阻害剤が有効な可能性-京大

MLL再構成急性骨髄性白血病に乳がん既存薬CDK4/6阻害剤が有効な可能性-京大

読了時間:約 1分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月05日 AM11:30

MLL再構成AMLで新たにCCND3遺伝子変異を発見

京都大学は11月1日、MLL再構成の急性骨髄性白血病()において、新たにCCND3遺伝子変異を発見し、乳がんの既存薬であるCDK4/6阻害剤が有効な可能性を明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科の松尾英将助教、吉田健一助教らによるもの。研究成果は、米血液学会発行のオンライン雑誌「Blood Advances」に掲載された。


画像はリリースより

AMLは、従来の治療法では再発例が多く長期生存率が低いことから、新しい治療法の開発が望まれている。中でも、MLL再構成AMLという病型は小児(とくに乳児)に高頻度にみられているもので、詳しい遺伝子異常はわかっていない。また、これまでAMLにおいて報告されてきた遺伝子異常の多くは、現時点で治療標的にならないという問題もあった。

CCND3遺伝子変異のないMLL再構成AML細胞株にも効果

今回、研究グループは、JCCG日本小児がん研究グループAML委員会による臨床試験AML-05に登録された小児MLL再構成AML症例の余剰検体を用いて、次世代シークエンサーを用いた網羅的な遺伝子解析(全エクソンシークエンス9例、ターゲットシーケンス56例)を実施。その結果、小児症例の約9%、成人症例の約3%で新規CCND3遺伝子変異を発見した。さらに、乳がんで臨床応用されているCDK4/6阻害剤が、CCND3遺伝子変異を持つMLL再構成AML細胞株の増殖を著明に抑制することを明らかにしたという。

今回の研究結果より、今後、CDK4/6阻害剤がMLL再構成AML治療の選択肢となり、CCND3遺伝子変異がCDK4/6阻害剤の有効性を予測できる指標となる可能性が明らかになった。また、CDK4/6阻害剤は、CCND3遺伝子変異を持たないMLL再構成AML細胞株に対しても有効だったという。そのため、CCND3遺伝子変異以外にも、CDK4/6阻害剤の標的となるメカニズムの存在も考えられるとしている。研究グループ今後、そのメカニズムの解明に加え、白血病化マウスを用いたCDK4/6阻害剤の有効性の検証などを行う予定だとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 心臓線維化と拡張障害型心不全に関わる「メフリン」の分子メカニズム解明−名大ら
  • がんと精巣に共通の特異抗原CTAの過半数が、がん細胞の増殖と生存に関与-東北大
  • 視交叉上核の GABA が、睡眠・覚醒リズムの出力に関わることを明らかに-名大ら
  • 日本人における定型網膜色素変性の原因遺伝子とその変異を明らかに-九大ら
  • ピロリ菌除菌後胃がんの表層に出現する低異型度上皮が、がん由来と判明−広島大