医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【予防接種基本方針部会】高齢者の肺炎球菌ワクチン、来年度以降も定期化継続

【予防接種基本方針部会】高齢者の肺炎球菌ワクチン、来年度以降も定期化継続

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月02日 AM10:30

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会予防接種基本方針部会は10月31日、65歳以上の高齢者を対象とした「肺炎球菌ポリサッカライドワクチン」の定期接種を来年度以降も継続することを決めた。有効性・安全性などについて一定の評価ができるとした、6月の「ワクチン評価に関する評価委員会」の結論を踏まえたもので、1回接種者の再接種については効果持続期間などのデータが不足していることから、引き続き検討を行う。

高齢者の肺炎球菌ワクチンの定期接種をめぐっては、今年度までは肺炎球菌ポリサッカライドワクチンを65歳になる人が生涯1回のみ接種することとしており、それ以降は5年単位で接種勧奨を行っているが、5年間のうち1年間のみが接種対象期間となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬価部会】原価計算方式を問題視-22年度改定へ検討課題
  • 【規制改革推進会議WG】処方箋40枚ルール撤廃を-厚労省「安全前提に検討」
  • 健康・医療戦略会議「医薬品開発協議会」、早期承認へ規制柔軟化を-ワクチン国産化めぐり議論
  • 【厚労省】「多剤服用」でモデル事業-国の業務手順書を先行運用
  • 【財務省】後発品新目標、早期策定を-BS選定基準検討求める