医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【予防接種基本方針部会】高齢者の肺炎球菌ワクチン、来年度以降も定期化継続

【予防接種基本方針部会】高齢者の肺炎球菌ワクチン、来年度以降も定期化継続

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月02日 AM10:30

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会予防接種基本方針部会は10月31日、65歳以上の高齢者を対象とした「肺炎球菌ポリサッカライドワクチン」の定期接種を来年度以降も継続することを決めた。有効性・安全性などについて一定の評価ができるとした、6月の「ワクチン評価に関する評価委員会」の結論を踏まえたもので、1回接種者の再接種については効果持続期間などのデータが不足していることから、引き続き検討を行う。

高齢者の肺炎球菌ワクチンの定期接種をめぐっては、今年度までは肺炎球菌ポリサッカライドワクチンを65歳になる人が生涯1回のみ接種することとしており、それ以降は5年単位で接種勧奨を行っているが、5年間のうち1年間のみが接種対象期間となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬害オンブズ会議】観察研究の登録中止を-アビガン高致死率に懸念
  • 【理研が世界初】コロナ薬候補の抽出成功-既存薬からスパコン「富岳」で
  • 国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価
  • 【厚労省】小児組み入れで留意点-医薬品開発の効率化促す
  • 統合イノベーション戦略推進会議、バイオ戦略で基盤施策-新型コロナ対応を追記