医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > コニカミノルタ 個別化医療分野に本格参入

コニカミノルタ 個別化医療分野に本格参入

読了時間:約 1分10秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月10日 PM02:00

社長には元アストラゼネカ・益尾氏が就任

コニカミノルタ株式会社は9月26日、都内で記者会見を開き、10月1日に個別化医療分野の新会社「コニカミノルタプレシジョンメディシンジャパン」を設立することを発表した。同社社長には、アストラゼネカ会社で、専務取締役ならびにオンコロジービジネス日本代表を務めていた益尾憲氏が就任する。

同社はこれまでに組織上における1分子の標識化を可能としたHSTT技術と微量の血中タンパクを定量化するSPFS技術など、多くの基盤技術を既に有しているが、今回の新会社設立で個別化医療分野でのビジネスを加速させる狙いだ。これに先立ち、同社は2017年に遺伝子診断のAmbry Genetics社と創薬支援のInvicro社を買収している。

コニカミノルタの山名社長は「2021年度にはこのプレジションメディシン事業で1000億円の売上を目指したい」と期待を表明した。

従来の創薬プロセスをテクノロジーで変えていく

新会社の社長に就任予定の益尾氏は「大手製薬企業10社以上とディスカッションした結果。創薬プロセスはまだまだ変えることのできる余地があり、そこに我々のビジネスチャンスがあることを確信している」と語り、新会社が国内で提供する具体的なソリューションサービスとして、以下の3サービスを掲げた。

  • 製薬企業やアカデミアに対する、研究開発を加速化効率化するカスタマイズドサービス
  • 医療機関に対する、遺伝子検査やタンパク質の分子標識・解析技術を用いたサービス商品
  • 蓄積した情報に基づくバイオインフォマティクスサービス

益尾氏は、早期医療介入を可能とする診断を実現することで、がんやアルツハイマーなどの分野で個別化医療を牽引するとともに、保険財政の健全化や産業活性化を目指していきたい、と意気込みを語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • ヒトの持久運動パフォーマンス向上に貢献する腸内細菌を発見-慶大先端研ほか
  • コロナ禍での休校中、夜型に近かった小中学生は再開後の睡眠習慣に大きな変化-東大
  • 子どもが採血を肯定的に解釈するために「本人への事前情報提供」などが重要-山梨大
  • 大腸がん術後の再発リスク測定、リキッドバイオプシーは「有用」-国がんほか
  • FGFR変異+共変異のがん、分子標的薬併用療法の有効性を確認-東京医歯大ほか