医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 単純性急性虫垂炎は抗菌薬治療だけで治せる可能性

単純性急性虫垂炎は抗菌薬治療だけで治せる可能性

読了時間:約 2分10秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月09日 AM10:00

急性虫垂炎には手術か抗菌薬治療か?

単純性急性虫垂炎は、手術ではなく抗菌薬治療だけで治せる可能性があることが、トゥルク大学病院(フィンランド)のPaulina Salminen氏らによる研究で示された。抗菌薬治療による初期治療を行った急性虫垂炎患者を追跡した結果、5年後でも約60%に再発はみられなかったことが明らかになった。詳細は「Journal of the American Medical Association(JAMA)」9月25日号に掲載された。


画像提供HealthDay

Salminen氏らは今回、単純性急性虫垂炎患者530人を対象に、虫垂切除術を実施する群(273人)と抗菌薬治療のみを実施する群(257人)にランダムに割り付けて比較検討したAppendicitis Acuta(APPAC)の参加者を5年間追跡する観察研究を実施した。

その結果、抗菌薬治療群では最初の1年以内に27.3%(70人)が虫垂切除術を施行され、治療開始1年後から5年以内にはさらに30人が虫垂切除術を施行されていたことが分かった。5年後の虫垂炎の累積再発率は39.1%であり、約60%の患者は治療開始から5年以内に再発には至らなかったことが明らかになった。

これらの結果を踏まえて、Salminen氏は「急性虫垂炎患者の約20~30%には虫垂に穿孔が認められるため手術が必要となるが、70~80%は穿孔がない単純性虫垂炎であるため、抗菌薬のみで治療できると考えられる。虫垂切除術が必要か否かはCT画像で簡単に判断できる」と説明している。また、今回の結果では抗菌薬の使用に関連した重篤な合併症はみられなかったことから、「急性虫垂炎に対する抗菌薬治療は安全な治療選択肢だ」と同氏は述べている。

しかし、急性虫垂炎を抗菌薬のみで治療することについて否定的な考えを持つ専門家もいる。米レノックス・ヒル病院の救急医であるRobert Glatter氏は「40%近くの患者が5年以内に再発する可能性があるという事実を、医師や患者が受け入れられるのかどうかは疑問だ」と話す。また、「抗菌薬は60~70%の確率で急性虫垂炎を効果的に治療できるが、効果が得られずに手術が必要になる可能性もあることを患者は理解しておくべきだ」と付け加えている。

急性虫垂炎に対する抗菌薬治療への一般の関心は高まりつつあるが、Glatter氏は「今回の試験で対象から除外された虫垂結石を伴う患者など、よりリスクが高い患者群についても抗菌薬治療の有効性を検証する必要がある」と述べている。さらに、同氏は、抗菌薬治療では院内での3日間の静脈注射に加えて、経口薬を7日間服用する必要があったのに対し、腹腔鏡下虫垂切除術では術後の入院期間がたった1日だったことも指摘している。その上で、「急性虫垂炎の治療を手術ではなく抗菌薬で始めるという決断を下す際には、医師と患者、その家族が十分に話し合う必要がある」と同氏は話している。

なお、米ノースダコタ大学による最近の調査では、もし自分が急性虫垂炎になったら手術と抗菌薬治療のどちらを選ぶかという問いに対し、米国人の圧倒的多数が手術を選び、抗菌薬治療を選択した回答者は10人中1人に過ぎなかったことが報告されている。(HealthDay News 2018年9月25日)

▼外部リンク
Antibiotics May Cure Appendicitis — No Operation Needed

HealthDay
Copyright (C) 2018 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • ビタミンDサプリメント摂取による骨粗しょう症予防、高齢者には効果なし?
  • 【米症例報告】ネットで購入したバイアグラで色覚異常
  • 新しい経口避妊薬にも卵巣がんの予防効果がある可能性
  • 単純性急性虫垂炎は抗菌薬治療だけで治せる可能性
  • 閉経前の卵巣摘出で慢性腎臓病発症リスクが高まる可能性