医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】生活保護者に後発品原則化-使用促進計画策定など通知

【厚労省】生活保護者に後発品原則化-使用促進計画策定など通知

読了時間:約 1分18秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月05日 AM10:30

厚生労働省は、生活困窮者自立支援法の改正により受給者の後発品使用が原則化されたことから、生活保護受給者の後発品の使用を促す施策を都道府県に通知した。生活保護法で指定を受けた薬局が受給者に後発品調剤への理解を求めることや、後発品の使用割合が一定以下の自治体に低調な原因や対応方針などを記載した「後発品使用促進計画」を策定、公表することなどを求めている。

通知は、1日に生活困窮者自立支援法が改正され、医師・歯科医師が後発品の使用を認めた場合、生活保護受給者は後発品使用が原則となったことを踏まえたもの。後発品の使用を促すため、生活保護法で指定された薬局・医療機関、受給者などに対して周知すべき内容を記載している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬連】添付文書電子化の対応強化-改正薬機法成立で検討開始
  • 【横浜労災病院薬剤部】病院業務、薬局薬剤師が応援-急場の人材不足解消に試行
  • 【中医協で支払側委員】医薬品卸大手の談合疑惑で「実勢価に影響」懸念相次ぐ
  • 【厚労省】てんかん薬投与後、飛び降り死-治験薬の副作用「否定できず」
  • 改正薬機法が成立-先駆け、条件付承認を制度化