医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】アレルギー研究、初の10カ年戦略-層別化医療など実現目標に

【厚労省】アレルギー研究、初の10カ年戦略-層別化医療など実現目標に

読了時間:約 2分6秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月03日 AM11:00

厚生労働省の検討会は9月28日、免疫アレルギー疾患研究の10カ年戦略を概ねまとめた。国として初めて免疫アレルギー疾患研究の戦略をまとめたもの。比較的均一な遺伝的背景など日本の優位性を生かし、本態解明、社会の構築、疾患特性の三つの研究戦略により、重症化予防によるQOL改善、防ぎ得る死の根絶、疾患活動性の「見える化」、)の実現等を10年後の目標に打ち出した。

10カ年戦略では、、花粉症などの6疾患を中心に、全身的反応に関わる疾患と何らかの免疫反応が関与する疾患を対象に、日本の独自性と優位性を最大限に生かした研究を進めることの重要性を強調。発症・重症化予防によるQOL改善、防ぎ得る死の根絶、疾患活動性の「見える化」、層別化医療の実現を10年後のビジョン打ち出し、そのために免疫アレルギーの本態解明、社会の構築、疾患特性に関する三つの研究戦略が必要と明記した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 仮名加工情報の取扱見直し-文科省など、倫理指針改正でパブコメ
  • 【臨床薬理学会】臨床研究専門職を認定へ-実施数の停滞解消目指す
  • 【安全対策部会】安全対策にMID-NET-ゾコーバ市販後監視で活用
  • 【厚労省】eコンセントでガイダンス-DCT関連指針の第1弾
  • 【厚労省検討会】多剤服用事業で中間報告-職種間の情報共有課題に