医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 中山・前薬剤管理官「実績を論文で示すことが大事」-分業批判、反論できる材料を

中山・前薬剤管理官「実績を論文で示すことが大事」-分業批判、反論できる材料を

読了時間:約 1分49秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月28日 AM10:15

内閣府食品安全委員会事務局評価第1課の中山智紀課長は24日、第51回日本薬剤師会学術大会の「これからの医薬分業」をテーマとした分科会で講演。医薬分業バッシングや「調剤報酬が価値に見合っているのか」といった批判に対し、薬局が「医療に貢献しているという実績を論文や報告書にまとめて示すことが不可欠だ」と訴えた。また、2018年度診療報酬改定で新設した「」や、手順を明確にした「」などを例示し、「ハードルが高くても、しっかり実績を上げていくということを意識すべき」と強調し、算定への積極的な取り組みを求めた。

「これからの医薬分業」をテーマとした分科会

前厚生労働省保険局医療課薬剤管理官として、18年度調剤報酬改定を担当した中山氏は、「」がテーマとなった昨年11月の行政事業レビューで、複数の委員から、医薬分業によって薬局に支払うコストが増えたにもかかわらず、費用負担が小さい院内処方に比べて「院外処方のコスト差は妥当な水準と言えるのか」といった疑問が投げかけられたことを紹介。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【上田薬剤師会】非薬剤師業務、研修計画を策定-厚労省通知受け、8月実施
  • 【熊本機能病院薬剤部】中規模病院でフォーミュラリー-同効薬を推奨、医師が選びやすく
  • 【医療薬学フォーラム】「参加・体験型」実習は不十分-円滑に進行も改善が必要
  • 田宮薬剤管理官「対人業務への流れで議論」-調剤料の20年改定見通し
  • 【大阪府薬務課】お薬手帳活用のモデル事業-後発品服薬状況、医師に伝達