医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > ムスカリンM1作動薬「HTL0018318」の臨床開発を一時中断-そーせいとAllergan社

ムスカリンM1作動薬「HTL0018318」の臨床開発を一時中断-そーせいとAllergan社

読了時間:約 1分31秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月20日 AM11:00

サルを対象にした長期毒性試験において予期しない毒性所見

そーせいグループ株式会社とAllergan社は9月18日、開発中の選択的ムスカリンM1受容体作動薬「」について、サルを対象にした長期毒性試験において予期しない毒性所見が見出されたため、その詳細を把握するまでの間、臨床開発を自主的に中断すると発表した。この中断は、患者を対象とした臨床試験における有害事象に基づくものではないという。

HTL0018318は、アルツハイマー病()、)、およびその他の認知症患者における認知障害に対する新たな治療候補薬として、臨床試験段階にある選択的ムスカリンM1受容体作動薬。同剤は、米国において第1相試験および日本でのDLB患者を対象とした第2相試験を実施中。すでにEUにおけるAD患者を対象とした後期第1相試験が完了しており、安全性と有効性のデータを現在分析中。

米国・EUの健康成人および軽~中度AD患者を含む約310人を対象に実施した試験データにおいて、同化合物の忍容性は良好であり、また日本におけるDLB患者対象試験で設定した最高用量を投与した28日間の臨床試験においても重篤な有害事象は報告されなかった。

これまで被験者に投与された用量と期間を上回る投与で

今回の中断につながったサルを対象とした長期毒性試験は、複数の用量で9か月間被験薬の投与を行ったもの。毒性所見(希少な腫瘍)は、これまで被験者に投与された用量と期間を上回る被験薬投与により観察された。他の動物に対する毒性試験では、いずれの動物種においても重大な有害事象は6か月までの投与で観察されていない。

今回見られた所見の発生原因は不明であり、両社の研究者が試験結果の精査を行っているという。両社は、)と医薬品医療機器総合機構()へ当該毒性所見と進行中である臨床試験の一時中断の報告を行った。また、すでに臨床試験が完了している他の国の規制当局に対しても報告を行った。

そーせいは、安全性に関する今回の事象の重大性および原因を特定し、今後の措置を決定するために徹底的な調査を行っており、その一環としてこれまでの非臨床試験および臨床試験のデータのレビューも実施する予定。さらに、毒性に関する所見の分析やその後の取り組みを行うため、実施していたAD患者およびDLB患者を対象とする第2相試験は最短でも6か月の延期が見込まれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • EGFR遺伝子変異肺がん、初期抵抗性にはAXL阻害薬/EGFR阻害薬併用療法が有望-京都府医大ほか
  • 脊髄性筋委縮症の遺伝子治療用製品「ゾルゲンスマ」、薬価収載-ノバルティス
  • ロケルマ、高カリウム血症を効能・効果として発売-AZ
  • ゾレア、アスピリン喘息患者63%でアスピリン過敏性を消失-相模原病院ほか
  • リスジプラム、1~7か月の乳児I型SMA対象P2/3試験の1年間の成績発表-ロシュ