医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【鳥取大学】抗体開発の拠点「とっとり創薬実証センター」稼働-独自の染色体工学技術を活用

【鳥取大学】抗体開発の拠点「とっとり創薬実証センター」稼働-独自の染色体工学技術を活用

読了時間:約 2分46秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月19日 AM11:00


■製薬各社も入居、共同研究へ

鳥取大学は、独自の染色体工学技術をもとに抗体医薬の開発を目指す「」を本格稼働させた。文部科学省の拠点整備事業に採択されたもので、染色体工学研究センターが約30年にわたる研究で独自開発した人工染色体ベクターを基盤に、完全ヒト抗体産生動物を用いた抗体医薬の開発や疾患モデル動物の作製による既存薬の再開発()につなげる。創薬実証センターには大手製薬企業も入居し、産官学共同研究の体制が整った。プロジェクトの指揮を執る染色体工学研究センター長の久郷裕之教授は、「まず数年で付加価値のある抗体医薬を一つ出すことが最大のミッション」と意気込みを語る。

本格稼働したとっとり創薬実証センター

創薬実証センターは、文科省の地域科学技術実証拠点整備事業に鳥取大と鳥取県で共同提案したもので、これまで大学で築き上げてきた染色体工学の独自技術が評価された。7月から本格稼働した創薬実証センターは3階建て、九つの居室と四つの実験室、オープンラボで構成。既に第一三共、、中外製薬と大手製薬企業が入居しており、今後は染色体工学研究センターの創薬研究・支援部門が中心になって産官学連携の抗体開発プロジェクトを進めていく計画だ。

染色体工学研究センター長の久郷教授
  • 染色体工学研究センター長の久郷教授
全ての写真をご覧になるにはQLMIDにログインする必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナ薬開発へ体制整備-医療研究調整費を充当
  • 【ICMRA】コロナ薬の主要項目議論-重症度別に適切例を合意
  • 医薬品医療機器総合機構運営評議会、RWDの申請資料活用、20年度事業計画に盛る
  • 【厚労省】妥当性検証に基本的考え-製販後DB調査前の実施を
  • 【厚労省】安定確保薬、年度末に選定-厚労省が骨子案