医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬事日報調査】北海道地震、停電で操業影響-生産再開も物流網が一部マヒ

【薬事日報調査】北海道地震、停電で操業影響-生産再開も物流網が一部マヒ

読了時間:約 2分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月10日 AM10:15

6日未明に北海道胆振地方で最大震度7の地震が発生したのを受け、薬事日報は製薬、医薬品卸各社の医薬品製造や出荷に対する影響(7日現在)をまとめた。人的被害や物的被害はない模様で、停電による影響で操業を停止する工場・物流センターが多く見られたが、7日には徐々に停電が解消されており、生産や出荷の再開が始まっている。その一方、交通インフラでは鉄道やトラックによる配送が遮断されている地域もあり、医薬品の安定供給に支障を来している企業もあるようだ。

医療用医薬品とOTC医薬品を製造販売する東光薬品工業(東京都足立区)の釧路工場は、7日に電気が復旧し、生産開始の準備に入った。しかし、生産が再開されたとしても物流網が遮断され、釧路工場から道内外の医療機関に配送ができず、「安定供給に相当な影響が出るのではないか」(同社)という状況だ。「医薬品をコンテナ輸送しているが、JR北海道に復旧のメドが立たず、トラックによる陸送もパンク状態で、運送会社も荷物の受け取りを拒否している」(同社)。状況の改善を待ちつつ、今後の対応を検討する方針。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省作業部会】多剤指針「追補」で骨子案-外来、在宅で多職種協働重視
  • 【木村情報技術】AI関連サービスを拡充-応答業務やビッグデータ解析支援
  • 【厚労省】20年度改定へエビデンス構築-田宮薬剤管理官、在宅や減薬処方提案など要望
  • 【鳥取大学】抗体開発の拠点「とっとり創薬実証センター」稼働-独自の染色体工学技術を活用
  • 特定研究の申請資料活用、現時点で否定的見解多く-RS学会で議論