医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省・覆面調査】乱用の恐れのある医薬品、「質問なしで購入」増加

【厚労省・覆面調査】乱用の恐れのある医薬品、「質問なしで購入」増加

読了時間:約 1分58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月31日 AM10:00


■日薬等と原因究明の検討も

厚生労働省が公表した、2017年度の「医薬品販売制度実態把握調査」()の結果によると、濫用の恐れがある医薬品を複数購入しようとして、「質問なしに購入できた」割合は前回調査から2.2ポイント上昇した。厚労省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」で、)のスイッチ化の審議で問題視された、不適切な対応をした店舗が増えたことになる。

調査は、薬局・薬店が店舗やインターネットで一般薬が適正に販売されているかどうかを把握するため、調査員が消費者を装って実施しているもの。今回は、5017の薬局・店舗、507のインターネット販売サイトを対象とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬連】供給停止時手続きで通知-事前報告書の記載見直し
  • 【厚労省検討会】卒後研修の法制化求める声-臨床現場負担増に懸念も
  • 【厚労省】後発品全品目が規格適合-19年度品質検査、バイオ後続品も初対象に
  • 【日病薬調査】病薬研修会、約7割で再開-ウェブ環境整備に支援要望
  • 【厚労省】入院を高齢者などに限定-指定感染症の政令改正へ