医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日本医薬総合研究所が試算】地域フォーミュラリーで医薬品費減-ジェネリック薬切替に加え、先発品も抑制

【日本医薬総合研究所が試算】地域フォーミュラリーで医薬品費減-ジェネリック薬切替に加え、先発品も抑制

読了時間:約 3分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月29日 AM10:31


■日本医薬総合研究所が試算

医薬品の使用指針「」を地域全体で幅広く導入することによって、単に先発品をジェネリック医薬品()に切り替えるだけの場合に比べ、医薬品費削減効果は大きくなる――。日本医薬総合研究所の関こころ氏は25、26日に京都市内で開かれた日本GE薬・バイオシミラー学会学術大会のシンポジウムで、そんな試算結果を発表した。有効性や安全性のほか経済性も含めて同種同効薬を評価し、その薬剤選択基準を明示するフォーミュラリーは、GE薬への切り替え効果に加えて、GE薬が存在しない先発品の使用抑制にもつながるため、経済効果は高いという。

関氏

関氏は、2017年度に日本調剤の各薬局が応需した院外処方箋データの集計値をもとに、4薬効群でフォーミュラリーを導入した場合に医薬品費がどう変化するかを試算した。聖マリアンナ医科大学病院のフォーミュラリーに沿って先発品を同一成分のGE薬に変更したり、先発品を他成分のGE薬に変更したりした場合の医薬品費を算出。GE薬に切り替えるだけの場合に比べ、フォーミュラリー導入時の医薬品費削減額は2倍強に達することが明らかになった。

地域フォーミュラリーの効果や導入への道筋をシンポジウムで討議した
  • 地域フォーミュラリーの効果や導入への道筋をシンポジウムで討議した
全ての写真をご覧になるにはQLMIDにログインする必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【全自病研修会】タスクシフトめぐり議論-処方代行入力、医師は高評価
  • 厚労省・樽見医薬局長、改正薬機法「11月中に成立を」-20年度改定論議の前提見込む
  • 【岡山大学病院】睡眠薬整理へ専門外来開設-減薬方法を地域医に提案
  • 【台風19号】薬局の浸水被害広がる-宮城など203件、都市部も直撃
  • 【厚労省】台風19号の被害103薬局に-浸水で営業不可の店舗も