医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 牛乳アレルギーの経口免疫療法、乳酸菌を併用する有効性検証試験を開始-成育センター

牛乳アレルギーの経口免疫療法、乳酸菌を併用する有効性検証試験を開始-成育センター

読了時間:約 1分13秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月24日 PM12:45

低用量経口免疫療法に乳酸菌発酵果汁飲料を併用

国立成育医療研究センターは8月21日、牛乳アレルギーに対する緩徐経口免疫療法に乳酸菌発酵果汁飲料を併用する臨床研究「牛乳アレルギー治療()に対する有効性検証試験(乳酸菌発酵果汁飲料を用いた二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験−パイロット研究):TOY Study」を2018年3月から開始したことを発表した。

食物アレルギーの治療法の主体は、原因となる食物をさける除去食だ。しかし、摂取する食物を制限することは患者やその家族の日常への負担が大きいだけでなく、成長障害へとつながる可能性があり、現在は、食物アレルギーの治癒を目指す新しい治療法として経口免疫療法が注目されている。経口免疫療法は、原因となる食べ物を安全な量で少しずつ食べることで耐性の獲得を目指す治療法だ。

また、アレルギー疾患の治療の一環として、抗アレルギー効果がある食品の乳酸菌が注目されている。今回使用する乳酸菌で発酵させた果汁飲料(乳酸菌発酵果汁飲料)を継続して摂取すると、スギ花粉症やアレルギー性鼻炎の症状が改善することも報告されている。

1~18歳以下の牛乳アレルギー患児を対象に

今回の試験対象者は、牛乳アレルギーをもつ1~18歳の子ども。牛乳アレルギー患児に対して低用量経口免疫療法を行う際、同時に乳酸菌発酵果汁飲料を摂取することで、経口免疫療法の治療効果が増強されるかを検討する。

まず、牛乳の経口負荷試験にて牛乳アレルギーの診断を実施。その際、少量の牛乳摂取でアレルギー症状の出現がみられる場合は、経口免疫療法を要すると判断する。対象者は牛乳の低用量経口免疫療法を開始すると同時に、試験飲料またはプラセボ飲料を毎日摂取する。これを半年間継続し、研究終了時に牛乳の経口負荷試験をおこなうことで、治療効果があるかどうかを判断するという。増強効果が認められれば、食物アレルギー症状やQOLの改善が期待できるとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 交通死傷を減らすには「交通手段のシフト」が有効である可能性-筑波大ほか
  • 「未来の自分」に手紙を書くことが、ネガティブ感情の軽減に-京大ほか
  • 中学生でも肥満だと心血管代謝異常リスクが約3倍になる-新潟大ほか
  • 90歳以上急性期脳梗塞への血管内治療、内科治療のみより障害軽減の可能性-国循ほか
  • 血液脳関門における薬物の脳移行性を予測する新システムを開発-NIBIOHN