医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【滋賀医科大学病院】急性腎障害、薬局が発症予防を-3剤併用時の疑義照会呼びかけ

【滋賀医科大学病院】急性腎障害、薬局が発症予防を-3剤併用時の疑義照会呼びかけ

読了時間:約 2分30秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月22日 AM11:00


■一歩踏み込んだ薬剤師の役割で

滋賀医科大学病院糖尿病内分泌・腎臓内科と薬剤部は7月から、滋賀県の慢性腎臓病医療連携推進事業の一環として、)の発症を防止するキャンペーンを開始した。)、利尿薬、ACE阻害薬またはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)の3剤併用によってAKIの発症リスクが高まると警告。薬局薬剤師に対して、3剤併用を目にした時には必要に応じて疑義照会するよう呼びかけている。複数医療機関の処方を一元的に管理するかかりつけ薬局だからこそ、3剤併用をチェックできると期待する。腎機能に応じた投与量の調整だけでなく、さらに一歩踏み込んだ役割を薬局薬剤師に求めている。

荒木氏(右)と寺田氏

滋賀県、滋賀県医師会、滋賀県病院薬剤師会、、滋賀腎・透析研究会の後援を取得。滋賀県の事業資金をもとに啓発ポスターとパンフレットを作成した。ポスターには「STOP!AKI」と大きく記載。薬局の調剤室内などに貼ってもらって注意喚起する。パンフレットでは3剤併用のリスクと疑義照会のポイントを解説。それぞれ講演会で配布したり、滋賀県薬の会報に添付して各薬局に届けたりし、薬局薬剤師の行動を促している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 田中監麻課長「販売活動指針で追跡調査」-10月施行の社内体制整備
  • 【人事院】公務員薬剤師、初任給1500円引上げ-6年連続増で官民差も縮小
  • 濱谷保険局長「今月中に告示の可能性」-消費増税伴う薬価改定で
  • 【奈良県薬】服薬状況、患者宅訪れ把握-薬剤師が不必要な薬削減へ
  • 【厚労省】薬剤師適合率が0.3%改善-16年度立入検査結果