医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 自己免疫性膵炎の自己抗原を発見、病因解明-京大

自己免疫性膵炎の自己抗原を発見、病因解明-京大

読了時間:約 1分15秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月17日 AM11:30

2014年に国の指定難病となった自己免疫疾患

京都大学は8月9日、国の指定難病である自己免疫性膵炎の原因を解明したと発表した。この研究は、同大大学院医学研究科消化器内科の千葉勉教授(研究当時、現関西電力病院院長)、児玉裕三同講師(研究当時、現神戸大学教授)、塩川雅広同医員(研究当時、現神戸大学特別研究員)らの研究グループによるもの。研究成果は、国際学術誌「ScienceTranslationalMedicine」にオンライン掲載された。


画像はリリースより

自己免疫性膵炎は日本で確立された新しい疾患で、血清IgG4の高値と膵臓組織へのIgG4陽性細胞浸潤、線維化などを特徴としている。また、同様のメカニズムでさまざまな臓器を同時性・異時性に侵すこともわかってきており、原因不明の難治性疾患として、2014年には国の指定難病に指定されている。

同疾患は、膵臓の炎症と線維化により糖尿病を引き起こすほか、膵がんと誤診して手術を行ってしまうなどの問題が生じている。原因として、自己抗体が誤って膵臓を攻撃していると考えられているが、膵臓の中のどの物質を攻撃しているのかは、不明だった。

抗体の測定で確定診断が可能に

研究グループは、この病気の自己抗体が何を標的として攻撃しているかを探るため、自己免疫性膵炎の患者の血液から抗体を抽出し、マウスに投与。その結果、患者の自己抗体がマウスの膵臓を攻撃することが判明。さらに、この原因物質(自己抗原)を探索したところ、自己免疫性膵炎患者がもつ自己抗体が、自身の膵臓に存在する細胞外マトリックスのタンパク質「」というタンパク質を誤って攻撃していることを発見したという。

今回の研究により、ラミニン511が自己免疫性膵炎の原因であることが判明したことで、今後、ラミニン511抗体の測定による自己免疫性膵炎の確定診断が可能となり、病勢の把握もできるようになると考えられる。また、さらに、病因が解明されたことで、より副作用の少ない新たな治療法の開発も期待される。(遠藤るりこ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • HTLV-1感染で炎症やATLが引き起こされる新たなメカニズムを解明-熊大ほか
  • 国産遺伝子編集技術による新型コロナ迅速診断法「CONAN法」を開発-東大医科研ほか
  • 完全ヒトiPS細胞から、動物の体内で機能を有するミニ人工肝臓の作成に成功-九大ほか
  • 新型コロナ感染者で気管支ぜんそくの合併率低く重症化にも関連なし-成育医療センター
  • 三次元構造を持つ人工腱様組織の作製に成功、開発した新手法で-東京医歯大ほか