医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【西日本豪雨・厚労省まとめ】浸水被害209薬局に増加-MPも広島・岡山で活動開始

【西日本豪雨・厚労省まとめ】浸水被害209薬局に増加-MPも広島・岡山で活動開始

読了時間:約 58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月18日 AM10:15

厚生労働省は、西日本を中心とした記録的な豪雨に関する13日時点の被害状況を公表した。薬局の床上浸水、床下浸水等の被害は209軒とさらに拡大。広島県では呉市内、岡山県では倉敷市内で11日からモバイルファーマシー(MP:災害対策医薬品供給車両)1台が活動を始めている。

13日時点で浸水被害の発生が確認されたのは、広島県、岡山県、愛媛県、京都府、福岡県、山口県、兵庫県、高知県の209薬局。甚大な被害を受けた岡山県では、新たに津山市で2軒の薬局が床上浸水の被害を受けたが、詳細は不明。また、高梁市の薬局1軒が開局できない状況にある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【AMED】コロナワクチン9件採択-開発支援へ55億円を配分
  • 【政府】マスク転売規制を決定-供給不足に歯止め
  • 【米モデルナ】コロナワクチンで抗体獲得-第I相試験の中間解析結果
  • 【日医有識者会議】拙速な特例的承認に警鐘-新型コロナ薬で緊急提言
  • 治験成績提出「必須とせず」-アビガン承認で安倍首相