医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > BAN2401、早期アルツハイマー病対象P2試験で有意な進行抑制-エーザイと米バイオジェン

BAN2401、早期アルツハイマー病対象P2試験で有意な進行抑制-エーザイと米バイオジェン

読了時間:約 2分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月10日 PM01:15

18か月時点の最終解析トップライン結果

エーザイ株式会社と米バイオジェン社は7月6日、抗アミロイドβ(Aβ)プロトフィブリル抗体「」の、早期アルツハイマー病を対象とした臨床第2相試験(201試験)において、統計学的に有意な臨床症状の悪化抑制と脳内アミロイドベータ蓄積の減少を証明したことを発表した。同試験の詳細な結果については今後、学会などで発表する予定だ。

201試験は、アミロイドの脳内蓄積が確認されている、プロドローマルおよび軽度アルツハイマー病(総称して早期アルツハイマー病)患者856人を対象とした、プラセボ対照、二重盲検、並行群間比較、無作為化臨床第2相試験。18か月時点の有効性は、早期アルツハイマー病の臨床症状の変化を感度よく検出することを目的として、ADAS-cog、CDR-SB、MMSEの3つの臨床評価尺度を組み合わせた評価指標であるADCOMS(Alzheimer’s Disease Composite Score)を用い、事前設定した伝統的統計手法により評価された。同試験では、被験者はプラセボ群および実薬群として2.5mg/kgバイウィークリー(2週間に1回)、5mg/kgマンスリー(月1回)、5mg/kgバイウィークリー、10mg/kgマンスリー、10mg/kgバイウィークリーの5用量5群に割り付けられた。

脳内アミロイド蓄積量を統計学的に有意に減少

試験の結果、18か月時点において、重要な臨床エンドポイントであるADCOMSについて、BAN2401最高用量投与群(10㎎/㎏バイウィークリー投与)は、プラセボ群と比較して統計学的に有意な症状の進行抑制を示したという。また、18か月時点のアミロイドPET解析の結果、同じくBAN2401最高用量投与群は、アミロイドPETでの脳内アミロイド蓄積量の減少およびアミロイドPETイメージ読影診断での陽性から陰性へのコンバージョンについて、プラセボ群と比較して統計学的に有意な改善を示したとしている。

臨床エンドポイントとアミロイドPETの結果に関しては、全体を通してベースラインからの用量依存的な変化が確認された。さらに、BAN2401最高用量投与群におけるADCOMSによる統計学的に有意な臨床的な改善は、投与後6か月の段階から示され、投与後12か月時点でも認められたという。

同剤は18か月投与期間中、許容可能な忍容性を示した。最も頻度高く報告された有害事象は、注射に伴う反応とアミロイド関連画像異常(ARIA)であり、注射に伴う反応の大部分は軽度から中等度だった。なお、同試験におけるARIA-E(浮腫)の発現率は、すべての投与群で10%以下であり、プロトコル上の安全性および報告手順に従った集計では、APOE4陽性患者の最高用量投与群においても15%未満だったとしている。

なお、BAN2401は2017年12月に、12か月時点において、より早期に臨床第3相試験の開始を可能とするために設定したベイジアン解析に基づく成功基準である主要評価項目は満たさなかったことを公表している。今回、18か月時点での最終解析では、事前設定した伝統的統計手法による評価において、ADCOMSについて12か月時点でも、最高用量投与量群でプラセボ群に比較して統計学的に有意な改善を示していることを確認しているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • アルツハイマー型認知症治療剤リバスチグミン、新基剤製剤で承認申請-小野薬品とノバルティス
  • iPS細胞由来他家CAR-T細胞療法に関する創薬提携契約を締結-小野薬品と米Fate社
  • ムスカリンM1作動薬「HTL0018318」の臨床開発を一時中断-そーせいとAllergan社
  • 孤発性ALSの遺伝子治療プログラムに関するオプション契約締結-GTRIとアステラス
  • J-Brain Cargoを適用したサンフィリッポ症候群A型治療薬の開発開始-JCRファーマ