医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 首や肩に痛みが現れる「iPad首」「タブレット首」のリスク因子が判明

首や肩に痛みが現れる「iPad首」「タブレット首」のリスク因子が判明

読了時間:約 1分50秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月09日 AM10:00

iPad使用時の首の痛み、「女性」「姿勢」がリスク因子

便利で使いやすいiPadなどのタブレットは、使い過ぎると「iPad首」「タブレット首」と呼ばれる首や肩の痛みの原因になることが知られている。今回、新たな研究で、これらの症状にはタブレットを使用する時間の長さよりも、女性であることと使用時の姿勢が重要なリスク因子である可能性が示された。詳細は「Journal of Physical Therapy Science」6月12日オンライン版に掲載された。


画像提供HealthDay

この研究は、米ネバダ大学ラスベガス校(UNLV)の研究グループが実施したもの。研究では、タッチスクリーン式のタブレットを日常的に使用している大学の学生や教職員、卒業生412人(うち男性135人)を対象に、タブレットの使用状況や使用時の姿勢、首や肩の症状について横断調査を行った。

その結果、参加者の67.9%がタブレット使用時の首や肩の痛みを訴えており、その部位は首(84.6%)、肩や上背部(65.4%)、腕や手(33.6%)、頭部(15.0%)の順だった。症状には凝り(74.3%)が最も多く、ひりひりとした痛み(48.1%)、鈍い痛み(42.5%)もみられた。参加者の約55%はこれらの症状は中程度としていたが、重度とする回答も10%にみられ、15%は睡眠に支障が出ていると回答していた。

また、首や肩の症状は高齢者よりも若者に多く、首や肩の痛みを経験したことがある人で多かった。症状を訴える人の割合は、男性に比べて女性で2倍に上ることも分かった。

さらに、首や肩の症状を引き起こすリスク因子として「性別(女性であること)」と「使用時の姿勢」が重要なことが明らかになった。痛みの原因となる姿勢には、背もたれのない状態で座ること、タブレットを膝の上に置いて使うこと、椅子に座った状態で平らな机の上にタブレットを置いて使うことが挙げられたという。なお、調査では、こうした不快な症状が現れたらタブレットの使用をやめると回答した人は46.1%にとどまった。

論文の筆頭著者であるUNLVのSzu-Ping Lee氏は、タブレットの利用が急速に広がる現状を踏まえて、「この研究結果は懸念すべきものだ」と強調する。同氏によると、首や肩の症状が、特に若い世代でこれほどまでに蔓延していることは社会に相当な負担となっている恐れがあるとしている。

Lee氏らは、タブレットの使用による首や肩の症状を予防するためには、背もたれのある椅子に座ること以外にも、姿勢が悪くなると知らせてくれるウェアラブルデバイスやタブレット専用のスタンドを使用したり、特に女性は首や肩のストレッチや筋肉を鍛えるエクササイズを行うことを勧めている。(HealthDay News 2018年6月26日)

▼外部リンク
Is That iPad a Pain in the Neck?

HealthDay
Copyright (C) 2018 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 暑さ指数が29℃程度でも長時間の屋外作業をすると熱中症で死に至る可能性
  • バカンスによるリフレッシュ効果は数日以内に消える
  • コーヒーによる寿命の延長効果にカフェインは関係ない?
  • 白内障の高齢ドライバー、手術で交通事故のリスクが1割低下
  • 首や肩に痛みが現れる「iPad首」「タブレット首」のリスク因子が判明