医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 未熟児動脈管開存症治療剤「イブリーフ」発売-千寿製薬

未熟児動脈管開存症治療剤「イブリーフ」発売-千寿製薬

読了時間:約 58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月18日 PM12:30

長期予後に影響する未熟児動脈管開存症

千寿製薬株式会社は6月14日、2018年1月19日に厚生労働省より未熟児動脈管開存症治療剤として製造販売承認を取得した「(R)静注20mg」(一般名:)の販売を開始したと発表した。

未熟児動脈管開存症は、新生児において、肺動脈と大動脈をバイパスする血管の動脈管が自然閉塞せず、生後も開存している状態。開存が小さい場合には一般的に無症状であるものの、開存が大きく、さらに症状が悪化すると、頭蓋内出血、壊死性腸炎、肺出血や腎不全(乏尿)などの重大な合併症を併発し、慢性肺疾患や未熟児網膜症、低栄養など長期予後にも影響をもたらす可能性が示唆されている。

日本製薬に医薬情報活動を委託

イブプロフェンL-リシン静注製剤は、米国では2006年7月に未熟児動脈管開存症治療剤として発売されており、イブプロフェンL-リシンの活性体であるイブプロフェンフリー体の静注製剤も、EUで2004年9月に発売。2017年6月時点で両剤を合わせて47の国と地域で製造販売承認されている。

同剤の開発にあたっては、日本未熟児新生児学会(現:)が厚生労働省に未承認薬・適応外薬の要望書を提出し、開発支援品目として選定された後、開発企業が公募された。これに対し、千寿製薬は開発を受諾し、未承認薬等開発支援センターの助成金を活用して国内での開発を進めてきた。

なお、同剤は、日本製薬株式会社に医薬情報活動を委託しており、すでに医療関係者への情報提供を開始している。(大場真代)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • オプジーボ、進行・再発食道がん対象のP3試験で、全生存期間を有意に延長-小野薬品と米BMS
  • サトラリズマブ、視神経脊髄炎およびその関連疾患で希少疾病用医薬品指定-中外製薬
  • NNRTIドラビリン、HIV-1治療薬として日本で承認申請-MSD
  • サトラリズマブ、視神経脊髄炎スペクトラム対象P3試験で再発リスク55%減少-中外製薬
  • アニフロルマブ、SLE患者を対象としたP3試験で主要評価項目達成-AZ