医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【諮問会議】毎年改定、20年中に範囲決定-骨太方針原案示す

【諮問会議】毎年改定、20年中に範囲決定-骨太方針原案示す

読了時間:約 1分34秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月08日 AM10:30

政府の経済財政諮問会議は5日、「経済財政運営と改革の基本方針2018」(骨太の方針)の原案を議論した。医薬品等の改革については、毎年薬価改定に言及。2019年度と20年度は全品目の改定を行うと明記し、21年度から実施する薬価改定の範囲については、市場実勢価の推移や医薬品卸などの経営影響を踏まえた上で20年中に決定するとした。そのほか、服薬指導を含めたオンライン医療の前進や患者本位の調剤報酬のあり方検討を盛り込んだ。

原案では、経済・財政一体改革の推進に向け、社会保障関係費に関しては22年から急増が見込まれる中、19~21年度を「基盤強化期間(仮称)」と位置づけ、高齢化による自然増の伸びを抑える方針を21年度まで継続するとした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【文科省】トライアル実習、連携体制構築-大学や施設間、取り組みに差
  • 【厚科審・制度部会】薬局の基本機能に服薬状況の把握など-医師委員は法制化に慎重
  • 【中医協総会】薬価改定、来年10月を主張-製薬団体「あくまで増税対応」
  • 【PMDA 第4期中計で基本方針】健康寿命延伸に役割果たす-患者データ活用を重点課題
  • 【厚労省検討会】臨床情報共有、創薬推進を-NCのあり方でヒアリング