医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【規制改革推進会議】第3次答申を提出-一気通貫の在宅医療実現を要請

【規制改革推進会議】第3次答申を提出-一気通貫の在宅医療実現を要請

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月06日 AM10:15


■処方箋完全電子化の工程表も

政府の規制改革推進会議は4日、規制改革推進に関する第3次答申をまとめ、安倍晋三首相に提出した。医療・介護分野では、診療から薬の受け取りまで一貫してオンラインで完結できるよう、2019年度上期をメドに対面による服薬指導とオンラインによる服薬指導の組み合わせを実現させること、今年度中に処方箋の完全電子化導入までの工程表を作成・公表することなどを求めている。政府は答申内容を速やかに規制改革実施計画として策定した上で、閣議決定する方針だ。

医療・介護分野でテーマとして取り上げられた「一気通貫の在宅医療実現」は、患者が受診から服薬指導、薬の受け取りまで一貫して、オンラインで完結できるようにすることを目的としたもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 京大発のiPSベンチャー、ベンチャー学会会長賞を受賞-大学発ベンチャー表彰
  • 【筑波大学】アカデミア発新薬を起業へ-世界視野に「起業家育成」
  • 欧州製薬団体連合会、非営利コンソーシアムを提案-EFPIA 採血企業参入で
  • 【人事院】公務員薬剤師、初任給は20万9000円
  • 【アルトマーク調査】地域支援体制加算、1万5000薬局が算定-基本料1以外はハードル高く