医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 製薬2団体でトップ交代-日薬連は手代木氏、製薬協は中山氏

製薬2団体でトップ交代-日薬連は手代木氏、製薬協は中山氏

読了時間:約 2分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月28日 AM10:45


■薬価制度の是正に意欲

(日薬連)は24日に開いた評議員会で、任期満了に伴う役員改選を行い、新会長に手代木功氏(塩野義製薬社長)を選出した。また、創立50周年を迎えた日本製薬工業協会(製薬協)も同日の総会で、新会長に中山讓治氏(第一三共会長)を選出した。いずれも任期は2年。両会長とも、4月に実施された薬価制度の抜本改革について、「イノベーションを阻害する結果となる」と厳しく批判。毎年薬価改定や費用対効果評価の導入をめぐる議論も進み、製薬業界に不透明感が漂う中、製薬団体トップとして舵取り役を担う。

日薬連の手代木新会長

手代木氏は、就任のあいさつで、「医薬品全体を俯瞰し、業界の代表として政府や行政機関、関係団体に業界の意見・要望を申し上げ、その実現を図っていくことが引き続きわれわれに課せられた責務」と述べ、税制や薬価制度、医薬品医療機器法見直しなど諸課題の解決に向けた政策提言を行っていく考えを示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 国立精神・神経医療研究センター、DMDのレジストリ構築-「ビルテプソ」を長期的評価
  • 【厚労省】小児組み入れで留意点-医薬品開発の効率化促す
  • 統合イノベーション戦略推進会議、バイオ戦略で基盤施策-新型コロナ対応を追記
  • 【千葉大病院/理研】iPS由来細胞を初投与-頭頸部癌の医師治験開始へ
  • 製品評価技術基盤機構、次亜塩素酸水、コロナに有効-「十分な濃度と使用量」が前提