医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【安部日薬常務理事が指摘】薬剤師も「結果にコミットを」-薬物療法に責任を持って関与

【安部日薬常務理事が指摘】薬剤師も「結果にコミットを」-薬物療法に責任を持って関与

読了時間:約 2分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月16日 AM10:15

日本薬剤師会の安部好弘常務理事は12日、札幌市内で開かれた第65回北海道薬学大会で講演し、2018年度診療報酬改定で新設された、「」(月1回、125点)などを引き合いに、今後の調剤報酬体系について、「これまでは(業務に取り組む)プロセスが重視されてきたが、これからはアウトカムにどれだけ関与したかが問われるようになる」と説明。薬剤師が患者・顧客の状態をよく理解した上で、最適な薬物療法を提供することによって、QOL改善、治癒などといった「結果にコミットする」必要性を強調し、「それがあってこそのかかりつけ薬剤師で、薬剤師が生き残るための唯一の方法」と語った。

■安部日薬常務理事が指摘

服用薬剤調整支援料は、薬局が医療機関と連携して内服薬を減らす取り組みを評価するもの。6種類以上の内服薬が処方されていた患者に対して薬剤師が文書を用いて処方医に提案し、患者に処方される内服薬が2種類以上減少した状態が4週間以上継続した場合、月1回に限り算定できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】タミフル、10代使用可能に-異常行動と因果関係不明
  • 【岐阜県薬、岐阜薬大が共同研究】重複投薬・相互作用等防止加算、調剤報酬を数倍上回る経済効果
  • 【厚労省】特区実証待たずに法改正も-遠隔服薬指導で見解
  • 主力品が後発品の影響で苦戦-製薬大手18年3月期決算出揃う
  • 【厚労省】小児のかぜも「投与せず」推奨-抗菌薬手引き改正で素案