医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【武田薬品】約6.8兆円でシャイアーを買収-希少疾患薬大手が誕生、海外売上比率は80%超に

【武田薬品】約6.8兆円でシャイアーを買収-希少疾患薬大手が誕生、海外売上比率は80%超に

読了時間:約 3分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月11日 AM10:00

武田薬品は8日、アイルランドのシャイアーを約460億ポンド(約6兆8000億円)で買収すると発表した。両社の取締役会で合意しており、来年6月までに手続きを完了する予定。3月29日にシャイアーに対する買収検討を認める声明を発表後、5回の買収提案を重ね、合意にこぎつけた。シャイアーを手中にすることで、収益性の高い希少疾患治療薬でリーディングカンパニーとしての地位を獲得すると共に、世界最大市場である米国でのプレゼンス強化が図れると判断した。両社合計の売上高は日本円で3兆4000億円超となり、世界の製薬企業売上ランキングで9位に浮上する。クリストフ・ウェバー社長CEOは、9日に都内で開催した記者会見で、「売上ランキングは重要ではなく、競争力を高めたい」と述べ、希少疾患薬大手として世界の製薬企業に対抗していく考えだ。

合意について説明するウェバー氏

シャイアーの2017年売上高は151億ドルで、武田の155億ドルとほぼ同規模で、売上収益は約2倍に膨らむ。製薬企業の中では収益性が高く、財務分析指標の一つであるEBITDAは約3倍となる1兆円を超える見通し。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【第4次安倍再改造内閣】加藤前厚労相が再登板-社会保障「しっかり議論」
  • 【覆面調査】4年連続で遵守率が低下-乱用恐れ医薬品の販売規則
  • 【厚労省】PHRの活用へ環境整備-来年度早期に工程表策定
  • 【薬価部会】独自算定ルール求める声-再生医療等製品の価格で
  • 【厚労省】データヘルス改革で新計画-ゲノムと医療AIの活用加速