医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 成長ホルモン分泌異常を示すIGF-1を迅速測定「エクルーシス試薬 IGF-1」発売-ロシュD

成長ホルモン分泌異常を示すIGF-1を迅速測定「エクルーシス試薬 IGF-1」発売-ロシュD

読了時間:約 55秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月07日 AM11:00

先端巨大症やGH分泌不全性低身長症などの迅速診断に

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社は5月1日、成長ホルモンの分泌異常を反映するインスリン様成長因子I()の血中濃度測定用キット「 IGF-1」を5月8日に発売すると発表した。


画像はリリースより

IGF-1は、(GH)の成長促進作用を仲介する物質で、主に肝臓で産生され、その血中濃度はGHの分泌異常を反映する。(末端肥大症)やGH分泌不全性低身長症などのGH分泌異常による疾患の診断やモニタリングには、GHとIGF-1の血中濃度が用いられる。

10μLの微量検体で18分の迅速測定、GHとの同時測定も可能

エクルーシス試薬IGF-1は、電気化学発光免疫測定法()を測定原理とし、同社の自動分析装置を用いて、10μLという微量の検体量で、IGF-1を18分で迅速測定する。また、同社で既に発売している「エクルーシス試薬 hGH」を使用することで、GHも同時に測定することが可能だ。

対応機種は、既に発売済みの同社検査機器「cobas e411」、「cobas 6000(e601)」、「cobas 8000(e602)」、「MODULAR ANALYTICS(E170)」。これらを用いて自動測定することが可能。また、「cobas8000(e801)」用の専用試薬を夏までに発売予定としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 造影剤投与対応の金属フリーCVポート「パワーポートClearVUE」発売-メディコン
  • SOD1異常ALSに対するトフェルセンのP1/2試験、良好な結果-バイオジェン
  • ネモリズマブ、アトピー性皮膚炎に伴うそう痒対象P3試験で主要評価項目達成-マルホ
  • セルメチニブ、神経線維腫症1型における希少疾病用医薬品に指定-AZ
  • エナジアとアテキュラ、気管支喘息で承認-ノバルティス