医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 明薬大と結核予防会が協定-臨床教育、研究で連携強化

明薬大と結核予防会が協定-臨床教育、研究で連携強化

読了時間:約 1分51秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月27日 AM10:15

明治薬科大学と結核予防会は24日、薬学教育と研究等を協力して進める公学連携協力協定に調印した。キャンパス移転20周年を迎える明薬大は、同じ清瀬市内に立地する複十字病院、結核研究所と連携を深めることで、共同研究や病院実習等の臨床教育を充実させ、北多摩地域の医療に貢献したい考え。具体的な連携内容に関しては今後両者で詰める予定にしている。

協定書を交わす結核予防会の工藤理事長(左)、明薬大の奥山理事長

明薬大は、1998年に清瀬市内にキャンパスを移転。2006年に6年制薬学教育がスタートし、実務実習が義務づけられると、病院実習で同じ市内の結核予防会の臨床部門である複十字病院に学生を派遣するなど、臨床教育に関して協力関係にあった。今回、こうした関係をさらに発展させるため、結核予防会と教育、研究、臨床分野で連携する協定を締結。24日に調印した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】ワクチン接種で死亡例-初の報告、因果関係不明
  • 【富山県】日医工に業務停止命令-富山第一工場で不適切製造
  • 【米FDA】J&Jワクチン緊急許可-1回接種は初めて
  • 日本病院薬剤師会臨時総会、22年度改定へ要望事項案-病棟加算の対象拡大など
  • 【厚科審合同部会】安全性に重大懸念なし-コロナワクチンの副反応