医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】医療用薬の販売活動に指針-企業による不適切例改善へ

【厚労省】医療用薬の販売活動に指針-企業による不適切例改善へ

読了時間:約 1分38秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月13日 AM10:30

厚生労働省は、製薬企業のMRによる医療用医薬品の不適切なプロモーション活動が相次いでいることから、国として初めて販売情報提供活動に関するガイドラインを策定する。具体的には、資材や情報提供活動の適切性の確保など製薬企業の責務、不適切な資料の使用禁止など販売情報提供活動に携わる社員の責務などを盛り込む予定だ。今夏をメドに具体的内容をまとめた上で、公表する方針。11日の厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会でガイドラインの項目案を示した。

今回の会合では、ガイドラインの項目案のみを公表し、具体的内容は「検討中」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】20年度改定へエビデンス構築-田宮薬剤管理官、在宅や減薬処方提案など要望
  • 【鳥取大学】抗体開発の拠点「とっとり創薬実証センター」稼働-独自の染色体工学技術を活用
  • 特定研究の申請資料活用、現時点で否定的見解多く-RS学会で議論
  • 「問診ナビ」で病歴聴取-薬剤師が研修医修了レベルに
  • 医薬品産業振興「保険制度に偏重」―厚労省・鈴木事務次官が初会見