医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】医療用薬の販売活動に指針-企業による不適切例改善へ

【厚労省】医療用薬の販売活動に指針-企業による不適切例改善へ

読了時間:約 1分38秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月13日 AM10:30

厚生労働省は、製薬企業のMRによる医療用医薬品の不適切なプロモーション活動が相次いでいることから、国として初めて販売情報提供活動に関するガイドラインを策定する。具体的には、資材や情報提供活動の適切性の確保など製薬企業の責務、不適切な資料の使用禁止など販売情報提供活動に携わる社員の責務などを盛り込む予定だ。今夏をメドに具体的内容をまとめた上で、公表する方針。11日の厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会でガイドラインの項目案を示した。

今回の会合では、ガイドラインの項目案のみを公表し、具体的内容は「検討中」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療保険部会】高額薬の保険外扱いに慎重-医療保険部会で論点
  • 【規制改革会議が意見】オンライン服薬指導解禁を-対面組合わせの仕組み要求
  • 【政府協議会】地域の「予防」促進目指す-ヘルスケア産業育成で行動計画
  • 【協会けんぽ静岡支部】後発品促進、県内184病院に情報誌を配布-医療機関側の後発品処方促す
  • 【官民連携会議】途上国に診断薬の浸透促す-業界団体が合同委設置を