医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【理化学研究所】iPS細胞の創薬研究拠点、けいはんな学研都市に完成

【理化学研究所】iPS細胞の創薬研究拠点、けいはんな学研都市に完成

読了時間:約 2分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月11日 AM10:30

理化学研究所バイオリソース研究センター()のサテライトとして「iPS細胞創薬基盤開発連携拠点」が、京都府の関西文化学術研究都市()内に完成した。約1年前に担当チームが発足し、京都大学iPS細胞研究所()内で準備を開始。今年4月から同拠点に移り、本格的な研究を開始した。BRCが保存する疾患特異的iPS細胞を創薬に活用するための基盤研究を推進すると共にリソースを提供し、大学や製薬会社の創薬を支援する計画だ。

高機能機器類が設置された拠点

同拠点に設置されるiPS創薬基盤開発チームは、患者由来の疾患特異的iPS細胞から様々な疾患を再現した細胞を分化誘導する研究に取り組む。それを使った病態メカニズムの解析や薬のスクリーニング、薬効評価なども実施する。その過程を通じて、iPS細胞を活用した創薬や病態解析に必要な一連の基盤技術を開発する。

多数の来賓を招き開所式典が行われた
  • 多数の来賓を招き開所式典が行われた
全ての写真をご覧になるにはQLMIDにログインする必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省作業部会】多剤指針「追補」で骨子案-外来、在宅で多職種協働重視
  • 【木村情報技術】AI関連サービスを拡充-応答業務やビッグデータ解析支援
  • 【厚労省】20年度改定へエビデンス構築-田宮薬剤管理官、在宅や減薬処方提案など要望
  • 【鳥取大学】抗体開発の拠点「とっとり創薬実証センター」稼働-独自の染色体工学技術を活用
  • 特定研究の申請資料活用、現時点で否定的見解多く-RS学会で議論