医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 男性用ピルDMAU、臨床試験で性腺刺激ホルモンLHとFSHの産生を抑制

男性用ピルDMAU、臨床試験で性腺刺激ホルモンLHとFSHの産生を抑制

読了時間:約 1分49秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月06日 AM10:00

男性用ピル、臨床試験で有望な成績

男性用の経口避妊薬()の開発に向けた研究で大きな前進がみられた。50歳未満の男性100人を対象としたジメタンドロロン・ウンデカン酸()と呼ばれる男性用ピルの臨床試験で、DMAUの忍容性が確認され、精子の形成に必要なホルモンの濃度が低下するなど有望な成績が得られたという。詳細は米国内分泌学会(ENDO 2018、3月17~20日、米シカゴ)で発表された。


画像提供HealthDay

この臨床試験は米ワシントン大学のStephanie Page氏らが実施したもの。DMAUは男性ホルモンのテストステロンとプロゲスチンを組み合わせたホルモン製剤で、薬剤の排泄を抑える長鎖脂肪酸のウンデカン酸が含まれているため半減期が長く、使用回数は1日1回で済む。これに対し、現在使用可能なテストステロンの経口薬は体内から薬剤が排泄されるまでの時間が短いため1日2回使用する必要があり、肝炎リスクもあるという。

今回の臨床試験では、18~50歳の健康な男性100人をDMAU(粉末カプセルまたはヒマシ油カプセルのいずれか、用量は100mg、200mg、400mgのいずれか)を使用する群、あるいはそれぞれのプラセボを使用する群にランダムに割り付けた。DMAUまたはプラセボは1日1回、28日間にわたって使用してもらった。

その結果、DMAU400mg群ではプラセボ群と比べてテストステロンと精子の形成に必要な2種類の性腺刺激ホルモン(LHおよびFSH)の産生が有意に抑制されることが分かった。また、テストステロン欠乏による合併症はみられなかったが、DMAU群では用量にかかわらず約1~4kgの体重増加とHDL-コレステロール値の低下が認められた。

Page氏は、「男性用ピルの開発に向けて一歩前進した」とした上で、「副作用についてはより大規模かつ長期の臨床試験でさらに検証する必要がある」と話し、慎重な姿勢を示している。また、DMAUの長期使用によって精子の産生量を抑制できるかどうかを明らかにするためにも、3~6カ月間の臨床試験を実施する必要があるとしている。

女性には複数の避妊法があるが、「ホルモン製剤を用いた避妊法など、なんらかの理由があって特定の避妊法を取り入れることができない女性は多い」とPage氏は指摘する。こうした中、男性の間でも自分の生殖能力をコントロールしたい、あるいは避妊の負担を共有したいと考える人が増え、男性用ピルへの関心が高まりつつあるようだ。現在、男性が取り入れることのできる可逆的な避妊法はコンドームの使用のみだが、それ以外にも可逆的な避妊法の選択肢が広がることを望む男性が多いことも報告されているという。

なお、学会で発表された研究は査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。(HealthDay News 2018年3月19日)

▼外部リンク
Male Birth Control Pill Shows Early Promise

HealthDay
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 生殖補助医療で生まれた子どもは高血圧になりやすい
  • 開発中の“ニキビワクチン”で病変組織の炎症が抑制
  • 15~19歳の間に1日1杯以上の飲酒をすると前立腺がんになりやすい可能性
  • セキュリティ用の全身スキャナー、ペースメーカーなど心臓デバイス使用者にも安全
  • 【米国】4年連続で性感染症が拡大、淋菌の抗菌薬耐性化も急速に