医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【第103回薬剤師国試】合格率は70.58%-合格者は105人増の9584人

【第103回薬剤師国試】合格率は70.58%-合格者は105人増の9584人

読了時間:約 2分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月30日 AM10:15


■相対基準3年目で安定期に

厚生労働省は27日、第103回薬剤師国家試験の結果を発表した(表参照)。受験者数1万3579人のうち、合格者は9584人で、合格率は70.58%だった。合格率は前回より1ポイント下がったものの、合格者数は105人多くなった。合格者の基準を、「得点率65%以上」の絶対基準から、平均点と標準偏差を用いて試験ごとに合格基準を決める「相対基準」に変更してから3年目を迎え、合格率が大きく変動しなくなったこともあり、安定期に入ったと見られる。厚生労働省は、今回の結果について「前回と同様の結果となった」とした上で、「新たな需要にしっかり応えられる合格者数ではないか」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】スイッチ化へ中間骨子案-販売体制や環境整備など
  • 【厚労省】デジタル化関連で新事業-電子処方箋システムに38億円
  • 【福岡県協議会】地域ケア病棟で処方適正化-薬剤師の薬学的介入が寄与
  • 【富士フイルム富山化学】アビガン、来月承認申請へ-新型コロナで主要項目達成
  • 【田村厚労相が会見】遠隔診療の恒久化を検討-中間年改定、骨太で判断