医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > JAK阻害剤JTE-052、眼科領域でライセンス契約を締結-JTとロート製薬

JAK阻害剤JTE-052、眼科領域でライセンス契約を締結-JTとロート製薬

読了時間:約 28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月19日 PM12:45

日本国内における独占的開発・商業化権で

日本たばこ産業株式会社(JT)は3月15日、同社が開発を進めてきたJAK阻害剤「」について、 ロート製薬株式会社と、眼科領域の特定疾患の治療薬の日本国内における独占的開発・商業化権に関するライセンス契約を締結したと発表した。

同剤は、細胞内の免疫活性化シグナル伝達に重要な役割を果たすヤヌス・キナーゼ(JAK)の働きを阻害し、免疫反応の過剰な活性化を抑制する。自己免疫・アレルギー性疾患を改善することが期待される。

今回の契約により、今後同剤を用いた日本国内における眼科領域の特定疾患の治療薬については、ロート製薬が開発を行い、非臨床試験から開始する予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 再発または難治性の多発性骨髄腫の治療薬「サークリサ」発売-サノフィ
  • アビガン、COVID-19対象P3試験・主要評価項目達成で承認申請へ-富士フイルム
  • 日本初のLABA/LAMA/ICS固定用量配合ぜんそく治療剤「エナジア」を発売-ノバルティス
  • デュピクセント、中等・重症の成人・青少年ぜんそくで効果が3年持続-仏サノフィほか
  • EGFR変異陽性NSCLC、GioTagアップデート研究の最終解析結果を発表-独ベーリンガー