医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬・臨時総会】山本会長、「信任」で3選-薬機法見直しや需給が課題

【日薬・臨時総会】山本会長、「信任」で3選-薬機法見直しや需給が課題

読了時間:約 2分6秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月14日 AM10:15


■副会長5人も決定

日本薬剤師会は11日の臨時総会で会長・副会長候補者選挙を行い、山本信夫会長の3選を決めた。会長候補選は、立候補者が現職の山本会長1人で、対立候補がいなかったため、投票を行わない「信任採決」を行った結果、代議員の「起立多数」という形で決まった。同じく定数内の5人が立候補し、「信任投票」となった副会長候補選でも全員が過半数の票を獲得して当選した。いずれも6月の定時総会で正式に就任し、新執行部が発足する。

左から、川上、森、山本、田尻、乾、安部の各氏

山本氏は、2期4年間の成果として、日本医師会などの関連団体との良好な関係を築いたことや、診療報酬改定で、厳しい薬剤師批判を受けたにもかかわらず、医科・調剤の比率「1:0.3」を堅持し、「薬剤師の行う業務については適切な評価がなされる改定となった」ことを挙げた。

日薬の臨時総会
  • 日薬の臨時総会
全ての写真をご覧になるにはQLMIDにログインする必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省作業部会】多剤指針「追補」で骨子案-外来、在宅で多職種協働重視
  • 【木村情報技術】AI関連サービスを拡充-応答業務やビッグデータ解析支援
  • 【厚労省】20年度改定へエビデンス構築-田宮薬剤管理官、在宅や減薬処方提案など要望
  • 【鳥取大学】抗体開発の拠点「とっとり創薬実証センター」稼働-独自の染色体工学技術を活用
  • 特定研究の申請資料活用、現時点で否定的見解多く-RS学会で議論