医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > MSD 2017年国内売上3587億円、前年比15%プラスに

MSD 2017年国内売上3587億円、前年比15%プラスに

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月14日 AM11:00

、エレルサとグラジナが成長を牽引

MSD株式会社は3月13日に都内で記者会見を開き、2017年の事業概要と今後のビジョン・戦略を発表した。


ヤニー・ウェストハイゼン代表取締役社長

2017年の同社国内売上は前年を15%上回る3587億円となった。ヤニー・ウェストハイゼン社長は「特許切れ製品のマイナスがあるなか、すばらしい成長を遂げた1年だった」と語り、成長要因として、2017年に上市したがん治療薬「キイトルーダ(一般名:(遺伝子組換え))」とC型肝炎治療薬「(一般名:)」「グラジナ(一般名:グラゾプレビル水和物)」が堅調に推移したことを挙げた。特にキイトルーダは、グローバル研究開発本部長の白沢博満氏も「非常に順調」と胸を張る。

キイトルーダについては、悪性黒色腫、非小細胞肺がんで発売開始後、2017年後半にはホジキンリンパ腫、尿路上皮がんの適応が承認された。さらに、乳がん、、胃がん、、肝細胞がん、、小細胞肺がんでフェーズ3に、進行性固形がん、、前立腺がん、高頻度マイクロサテライト不安定性固形がんでフェーズ2に進んでいる。「適応拡大だけでなく、併用などのさまざまな使い方についても試験を進めており、この中から“がん治療の教科書”を書き換えるような、インパクトのあるデータが続々と出てくるだろう」(白沢氏)

また、併せて同社は2018年の新ビジョンを発表。「変化に強く、生産性の高い組織をつくり、迅速かつ柔軟な意思決定を可能にする」(ウェストハイゼン社長)、「少なくとも2ケタの製品の申請を想定している」(白沢氏)と語った。(QLifePro編集部)

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • 進行頭頸部がん対象のイミフィンジとトレメリムマブのP3試験結果を報告-英AZ
  • 次世代化合物ライブラリーを用いた創薬基盤技術の活用でHitGen社と契約締結-田辺三菱
  • 関節リウマチ治療薬ケブザラ皮下注オートインジェクターを発売-旭化成ファーマ
  • 生物学的製剤で日本初の適応 グセルクマブは掌蹠膿疱症治療をどう変えるか-ヤンセンがメディアセミナー開催
  • 抗PD-L1抗体テセントリク、進展型小細胞肺がんへの適応拡大を承認申請-中外製薬