医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】「オプジーボ」「カドサイラ」、費用対効果で薬価引下げ

【厚労省】「オプジーボ」「カドサイラ」、費用対効果で薬価引下げ

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月12日 AM10:10

厚生労働省は7日、2018年度から試行導入する費用対効果評価について、ギリアド・サイエンシズのC型慢性肝炎治療薬「」、小野薬品の抗癌剤「」など対象7品目の評価結果を、中央社会保険医療協議会総会で公表した。製薬企業の分析と専門家による再分析を行った結果、「」と中外製薬の抗癌剤「」の2品目については、4月から薬価を引き下げる価格調整が行われる。

費用対効果評価を行う既収載品の対象品目に指定されたのは、類似薬効比較方式で算定されたC型慢性肝炎治療薬「ソバルディ」、類似薬の「」()、「ヴィキラックス」(アッヴィ)、「」()、「」(同)の5品目、原価計算方式で算定された抗癌剤「オプジーボ」(小野薬品)、「カドサイラ」()の2品目の計7品目。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省作業部会】多剤指針「追補」で骨子案-外来、在宅で多職種協働重視
  • 【木村情報技術】AI関連サービスを拡充-応答業務やビッグデータ解析支援
  • 【厚労省】20年度改定へエビデンス構築-田宮薬剤管理官、在宅や減薬処方提案など要望
  • 【鳥取大学】抗体開発の拠点「とっとり創薬実証センター」稼働-独自の染色体工学技術を活用
  • 特定研究の申請資料活用、現時点で否定的見解多く-RS学会で議論