医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【平塚中郡薬剤師会】有害事象収集へ薬薬連携-独自用紙を作成、卸経由で報告

【平塚中郡薬剤師会】有害事象収集へ薬薬連携-独自用紙を作成、卸経由で報告

読了時間:約 2分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月09日 AM10:15


■平塚中郡薬剤師会が新方式

東海大学大磯病院薬剤科と平塚中郡薬剤師会は、外来患者が医薬品を服用した後の安全性を確保するため、地域の薬薬連携によって有害事象を集めるシステム「平塚中郡薬剤師会方式」を構築し、昨年7月から運用をスタートさせた。独自に作成した「有害事象ヒアリングシート」を使用し、薬局薬剤師が患者から得た有害事象の情報を記入。医薬品卸のMSを経由して製薬企業に伝達する仕組みである。この方式を全国に広げることで有害事象の報告数を増やし、最終的に薬局から医薬品医療機器総合機構()への自発報告につなげたい考え。

有害事象ヒアリングシート

薬機法では、医薬品の有害事象をPMDAに報告することが義務づけられているが、医療機関報告は企業報告の約1割以下と圧倒的に少なく、先進国の中でも日本の副作用報告件数は最下位に近いのが現状。実際、平塚中郡薬剤師会の会員薬局にアンケート調査を行った結果、副作用報告をしたことがないとの回答が55%に達し、PMDAに自発報告したことがある薬剤師はわずか4%だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず
  • 【薬価部会】ゾコーバ薬価は高額薬対応-収載時や再算定ルール議論
  • 【厚労省が見解】データ送受で「運用開始」-紙の処方箋発行でも
  • 国内初の中絶薬審議-27日に医薬品第一部会
  • 【中医協総会】コロナ中等症IIで有用性-ベクルリーの費用対効果