医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 新国衛研が川崎殿町で始動-「評価科学」研究の拠点に

新国衛研が川崎殿町で始動-「評価科学」研究の拠点に

読了時間:約 1分44秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年03月05日 AM10:30

川崎市の殿町国際戦略拠点「」に移転した国立医薬品食品衛生研究所の新庁舎開所式が2日に開かれ、1874年に前身である東京司薬場が神田和泉町に設置されて以来、140年以上の長い歴史を刻んできた国衛研の新たな門出を祝った。新庁舎では、先端医薬品の開発を支援するレギュラトリーサイエンス研究など三つの柱を設けて研究を加速させ、21世紀のレギュラトリーサイエンス研究拠点への発展を目指す。

開所式で国衛研の川西徹所長は「これまで一貫して医薬品、食品、化学物質の人への影響について品質、有効性、安全性を科学的に評価するレギュラトリーサイエンスを行ってきた」と強調。「殿町地区は21世紀の国衛研のさらなる展開に最適の地であり、まず創設以来、一貫して取り組んできた食と暮らしの安全のための試験研究を維持、発展させていく。また、レギュラトリーサイエンス研究を大きく展開し、羽田空港に隣接する地の利を生かして国際発信し、国際的に代表的な研究拠点に発展させていきたい」と抱負を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医薬品第一部会】初の特定用途薬を了承-プレセデックス静注液
  • 【感染症部会】新型コロナ、5類引き下げ-移行期間は約3カ月
  • 【厚労省検討会】後発品推進「80%が限界」-長期品依存の構造で議論
  • 【医薬品第一部会】中絶薬、分科会で再審議-部会では承認を了承
  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず