医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 日本版GDPガイドライン、来年度内の発出へ-小山氏が見通し提示

日本版GDPガイドライン、来年度内の発出へ-小山氏が見通し提示

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月28日 AM10:30

日本版GDP((GL)策定に向けた厚生労働科学研究「GDP国際整合化研究班」メンバーの小山靖人氏(塩野義製薬信頼性保証本部品質保証部専任次長)は22日、大阪市内で開催されたメディカルジャパン2018のセミナーで「わが国のGDPの動向と製薬企業に求められる課題」をテーマに講演。GLについて「早ければ今年6~7月までに研究班としてGLを最終化して厚生労働省に提出する予定で、来年度中には発出されるのではないか」との見通しを示した。

現在、GDPは欧米など各国で整備、改正が進んでいる。国内では2015年の「」の医療用医薬品の安全性確保策として、PIC/S-GDPに準拠した日本版GDPガイドライン策定の検討が示され、16年度から研究班でGL素案の検討を進めている。16年度には、PIC/S-GDPの日本語訳のほか、これに準拠したGL素案を策定。17年度にはGL素案を適用した際の課題についてアンケートを実施。「その結果を踏まえ、素案をアップデートして日本版GDPガイドラインの最終化を図っていく」という。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【アステラス製薬】米企業を約3300億円で買収-遺伝子治療薬の基盤獲得
  • 【厚労省】市場価と約8%の乖離率-談合疑惑関係データは除外
  • 【日薬連】添付文書電子化の対応強化-改正薬機法成立で検討開始
  • 【横浜労災病院薬剤部】病院業務、薬局薬剤師が応援-急場の人材不足解消に試行
  • 【中医協で支払側委員】医薬品卸大手の談合疑惑で「実勢価に影響」懸念相次ぐ