医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医薬品 > 抗体薬物複合体U3-1402、NSCLC対象のP1試験を米国で開始-第一三共

抗体薬物複合体U3-1402、NSCLC対象のP1試験を米国で開始-第一三共

読了時間:約 1分8秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月09日 PM01:45

TKI投与中に病勢進行したNSCLC患者が対象

第一三共株式会社は2月7日、HER3に対する抗体薬物複合体(ADC)「」の、EGFRチロシンキナーゼ阻害剤(EGFR TKI)投与中に病勢進行したEGFR変異のある非小細胞肺がん()患者を対象とした第1相臨床試験において、最初の患者への投与を米国にて開始したと発表した。

同試験は、EGFR TKI(、アファチニブ、オシメルチニブ)に抵抗性となった再発・転移性のNSCLC患者を対象に、U3-1402の安全性と忍容性を評価し、推奨用量を決定するもの。また、薬物動態と予備的有効性も評価する。グローバルで60名以上の患者を登録する予定。

転移性乳がん患者対象の第1/2相臨床試験も実施中

EGFR変異のあるNSCLC患者には、現在一次治療としてEGFR TKI(エルロチニブ、ゲフィチニブ、アファチニブ)が投与されるが、多くの患者は抵抗性となる。これらの患者のうち、EGFRの第二変異(T790M変異)が生じた患者には次世代のEGFR TKIであるオシメルチニブが投与されるが、一定割合の患者は治療抵抗性となる。いずれもEGFR TKIに抵抗性となった場合には、現在、限られた治療法しかないが、EGFR TKI抵抗性となったNSCLCの細胞にはHER3が高発現するとの知見がある。

U3-1402は、第一三共としてはDS-8201に次いで2番目に臨床開発段階に入った抗体薬物複合体。独自のADC技術を使ってリンカーを介して抗HER3抗体にトポイソメラーゼⅠ阻害剤(DXd)を結合させた薬剤で、1つの抗体につき約8個のDXdが結合するという特徴を持つ。なお、同剤の転移性乳がん患者を対象とした第1/2相臨床試験も実施中。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医薬品

  • SGLT2阻害薬による腎保護効果は尿細管が標的か-旭川医大ら
  • レンボレキサント、不眠障害のP3試験で主要評価項目・副次評価項目を達成-エーザイ
  • キザルチニブ、FLT3-ITD変異を有する再発または難治性の急性骨髄性白血病で申請-第一三共
  • サトラリズマブ、視神経脊髄炎関連疾患のP3試験で再発リスクを62%減少-中外製薬
  • ニボルマブ、治療中止後20週以上影響持続の可能性-阪大