医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】衝立はキャスター固定で可-検体測定室指針で疑義解釈

【厚労省】衝立はキャスター固定で可-検体測定室指針で疑義解釈

読了時間:約 1分30秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月05日 AM10:30

厚生労働省は1月31日、薬局等で血糖自己測定等の簡易検査を行う場合に参照する「検体測定室に関するガイドライン」の疑義解釈集の第2弾をまとめ、都道府県等の担当者に通知した。検体測定室の環境作りにおいて個室化が難しく、衝立で他の場所と明確に区別する場合、キャスターのロックによって固定するなどの対応を例示。受検者から測定結果の診断等に関する質問があった場合、近隣の医療機関が掲載された一覧や地図等を示し、受検者が受診する医療機関を選べるよう留意する必要があるとした。

検体測定室の環境作りにおいて個室化が難しいために衝立で他の場所と明確に区別する場合は、工事により固定する必要はないとしつつ、人や物が衝立に接触して衝立が動いたり、転倒したりしないようにする必要があるとの考えを示し、キャスターのロック等によって固定するなどの対応が考えられると例示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 被験者募集の業界団体「PRO協議会」設立-3月までに指針の方向性
  • 患者ケア支援ツール開発-日本でも臨床研究開始へ
  • 【厚労科研で中間結果】抗癌剤の副作用重篤化回避-薬局薬剤師が電話フォロー
  • 【日薬】18年度改定は「70点」-山本会長がコメント
  • 【RS知財フォーラム】創薬研究、AIと共同作業に-大データ時代で知財戦略も変化