医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【アステラス製薬】安川副社長が経営の舵取り-畑中氏は会長、新中計に対応

【アステラス製薬】安川副社長が経営の舵取り-畑中氏は会長、新中計に対応

読了時間:約 1分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月02日 AM10:15

アステラス製薬は、1月31日に開催した取締役会で、4月1日付で安川健司代表取締役副社長を社長CEOに昇格する人事を決定した。畑中好彦社長CEOは、代表権のある会長職に就任する。新たな経営体制で来年度からスタートする中期経営計画に対応する。安川氏は同日、都内で会見し、「2019年以降に主力品が特許切れする時期に入るが、それを乗り越え、中長期的な持続的な成長につなげる事業基盤の構築が私に課せられた経営の最重要課題」と抱負を述べた。

左から畑中、安川の各氏

畑中氏は、安川氏をトップに据えた理由については、「過活動膀胱治療剤のベシケアやベタニスの開発プロジェクトリーダーや泌尿器領域の責任者、その後製品戦略部長をはじめとする幅広い職務経験を通じて、アステラス全体を俯瞰して判断できる広い視野を持っている」と説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】適応外使用の実態明らかに-レベチラセタム、4歳未満にも
  • 【薬事日報 薬大・薬学部調査】入学者数は安定傾向続く-大学別でなおもバラツキ
  • 【千葉大、岩手医大調査】全処方箋の約1割が変更不可-後発品ない先発品にも指示
  • 日本市場の魅力が低下、経営自由度の高い米・中へ-日薬連・多田会長
  • 【厚労省】タミフル、10代使用可能に-異常行動と因果関係不明