医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 患者が亡くなる前に利用した医療や療養生活に関する全国規模の実態調査実施へ-国がん

患者が亡くなる前に利用した医療や療養生活に関する全国規模の実態調査実施へ-国がん

読了時間:約 1分6秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月31日 PM12:00

「大切な最期の時間をより良く過ごすための医療」の実現へ

)がん対策情報センターは1月26日、がん、心疾患、、腎不全で亡くなった患者の遺族を対象に、亡くなる前に利用した医療や療養生活等に関する全国調査を実施することを発表した。この調査は、厚生労働省の委託事業として実施する。

この調査では、患者が亡くなる前に受けた医療や療養生活、遺族が介護を通して感じたことなどを調べる。患者が実際に受けた医療の質や療養生活の状況、患者自身の医療に関する希望、遺族の介護体験などから「大切な最期の時間をより良く過ごすための医療」の実現に向けた意見をたずねるための設問を設定するという。

全国約4,800名の遺族へ調査票を送付

今回の調査は、全国約4,800名(がんで亡くなった患者3,200名、心疾患・肺炎・脳血管疾患・腎不全で亡くなった患者それぞれ400名)の遺族へ調査票を送付し、協力を依頼する予定だという。協力を依頼する遺族は、厚生労働省における所要の手続きを経たうえで、人口動態調査の死亡小票の情報を用いて、2016年に、がん、心疾患、肺炎、脳血管疾患、腎不全で亡くなった患者の遺族から無作為に選ばれた。設問は、がん等の疾患に罹患した患者が亡くなる前に利用した医療や生活状況、遺族が介護を通して感じたこと等に関してで、回答は主に選択式で行われる。

調査票は、2018年1月末頃より順次送付。調査票は匿名で回収し、NCCにて集計後、厚生労働省に報告書として提出する。同年4月以降に、NCCがん対策情報センターのホームページにおいて、調査報告を公開する予定だ。なお、今回の調査方法、調査結果などを踏まえ、2018年度には、より大規模に調査を行う予定としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • アルポート症候群、核酸医薬によるエクソンスキッピング療法を開発-神戸大ほか
  • 家族性ADに対するブロモクリプチンのP1/2医師主導治験開始-CiRAほか
  • 糖尿病治療薬メトホルミン、便の中にブドウ糖を排泄する作用を確認-神戸大
  • 授乳によるオキシトシンの変動に大きな個人差があることが判明-京大ほか
  • HTLV-1感染で炎症やATLが引き起こされる新たなメカニズムを解明-熊大ほか