医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【規制改革会議作業部会】申請資料電子化など要望-PMDAは前向き回答

【規制改革会議作業部会】申請資料電子化など要望-PMDAは前向き回答

読了時間:約 2分7秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月19日 AM10:45

規制改革推進会議の作業部会は16日、非営利分野の行政手続きコスト削減に向け、日本製薬工業協会などの製薬団体からヒアリングを行った。製薬団体は、審査手続きなどの作業を軽減するため、)に提出資料の電子化などを要望。これに対し、PMDAは2019年度中にペーパーレス化する方向性を打ち出し、前向きな回答を示した。

ヒアリングでは、製薬協が一部変更承認申請について、過去に提出した資料を再度提出する必要がある現状に対し、データの電子化を進めて申請者の作業負担を軽減するよう要望。)は、遺伝子組み換え技術を応用した医薬品に対する生物の多様性確保を目的としたカルタヘナ法による評価のタイミングなど、日本だけで必要な制度を改善し、海外の規制と整合性を図ることを求めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ
  • 【厚労省】零売の不適切事例を整理-処方箋なし購入可とPR
  • 三菱ケミカルグループ、コロナワクチン供給できず-カナダ政府と契約、商用生産に課題
  • 薬局で検査キット無料配布-神奈川など一部県で実施
  • 【厚労省】サル痘予防で国内初承認-天然痘ワクチンの一変