医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > 小児がん患児の口腔内ケアに関する共同研究実施へ-順大とTemari

小児がん患児の口腔内ケアに関する共同研究実施へ-順大とTemari

読了時間:約 1分2秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月16日 PM02:00

適切な口腔内ケアの欠如はさまざまな副作用の原因に

順天堂大学と株式会社Temariは1月12日、小児がん患児治療への、」導入を中心とした、口腔内ケアに関する共同研究を実施すると発表した。


画像はリリースより

小児がん患児への集約的治療により救命率が大きく向上した一方で、それに伴う副作用によって治療継続が難しくなるケースも少なくない。そのひとつとして、適切な口腔内ケアの欠如による口内炎の発症がある。また、小児がん患児への適切な口腔内ケアの欠如は、、歯の変色、歯根の発達不足、口腔内細菌叢や腸内細菌叢にまで影響し、さまざまな副作用を引き起こすと考えられている。しかし、小児にとって正しい歯磨きの習慣化は困難を伴い、適切な口腔内ケアがなされていないのが現状だ。

デバイスがキャッチした歯ブラシの動きをアプリでデータ化

シャカシャカぶらしキットは、大学や病院との連携のもと、Temariが開発したウェアラブルデバイス。同デバイスを小児が普段使用する歯ブラシに装着することで、歯磨きをモニタリングできる。また、専用アプリと連携し、ゲーム感覚で楽しみながら正しい歯磨きを学ぶことが可能。キャッチした歯ブラシの動きはアプリによってデータ化されるため、歯磨きの指導・サポートをより正確に行え、口腔内ケアの改善が期待できるという。

小児がん患児に適切な口腔内ケアを定着させ、口腔内細菌叢がどのような変化をもたらすかを測定・分析し、腸内細菌叢との関連性やその効果を解明することで、集約的治療から生じる副作用のメカニズムの解明や将来の2次がん発生の予防の実現を目指すとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 薄型で伸縮自在なスキンディスプレイの開発に成功-東大
  • 磁気刺激を用いた脳のピンポイント機能診断法を開発-名工大ら
  • 非造影・非侵襲の光超音波イメージング技術で手掌動脈の湾曲傾向の解析に成功-京大
  • ホウ素中性子捕捉療法のがん細胞殺傷効果の違いを予測する数理モデル開発-JAEAら
  • 血液検査によるアルツハイマー病変の早期検出法を確立-長寿研と島津製作所