医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > テクノロジー > AI創薬の実現可能性を技術的に検証する共同研究開始-DeNA

AI創薬の実現可能性を技術的に検証する共同研究開始-DeNA

読了時間:約 58秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月12日 PM12:15

・塩野義製薬が所有する化合物情報を用いて

株式会社ディー・エヌ・エー()と株式会社DeNAライフサイエンス(DLS)は1月10日、旭化成ファーマ株式会社および塩野義製薬株式会社と、両社が所有する化合物情報(構造式および特性情報)を用いて、AI創薬の実現可能性を技術的に検証する共同研究を2018年1月から開始することを発表した。また、DLSは住商ファーマインターナショナル株式会社と、AI創薬事業のグローバル展開について検討を開始する。

現在、低分子化合物の創薬プロセスの初期段階では、IT技術を利用しつつ、経験と勘を活かしながら医薬品候補となる化合物を設計・合成し、効果・安全性等を測定してバランスの良い化合物を選択している。これらのプロセスを通過するための化合物は、1プロジェクト当たり平均4,263個となり、これらをひとつずつ検証するため、3年以上の歳月と10億円単位の研究開発費がかかっている。

化合物最適化段階のコスト・時間低減に繋がる技術開発へ

今回開始される共同研究は、DeNAおよびDLSのAI技術と製薬企業のデータを活用して、化合物最適化段階の大幅なコストおよび時間低減に繋がる技術を開発し、検証することを目的としている。また、この共同研究には、科学技術顧問として、IT/AI創薬の専門家である東京工業大学情報理工学院の石田貴士准教授が就任する。

DeNAおよびDLSは、AI技術を用いた創薬を通じて健康長寿社会の実現を目指したいとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 テクノロジー

  • 薬剤溶出型ステント「Ultimaster Tansei」を日本で発売-テルモ
  • AIを用いた胎児心臓超音波スクリーニングシステムを開発-理研ら
  • 眼科手術シミュレータに搭載可能な緑内障手術用眼球モデルを開発-名大
  • 世界最速の「NVIDIA DGX-2」ベースのDL用スパコンを導入-富士フイルム
  • 3次元細胞解析技術を導入したソフトウェア「NoviSight」を米国で発売-オリンパス