医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬事日報・保険薬局調査】かかりつけ薬剤師指導料、算定薬局は46%-“電子手帳”4割が対応済み

【薬事日報・保険薬局調査】かかりつけ薬剤師指導料、算定薬局は46%-“電子手帳”4割が対応済み

読了時間:約 1分46秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月10日 AM10:15

2016年度診療報酬改定により新設された「かかりつけ薬剤師指導料」は届け出は約50%に達しているものの、実際の算定については46%にとどまっている。また、同点数については算定、非算定にかかわらず3割以上の薬局が“不満”と評している。“満足”は算定薬局で約2割、非算定薬局ではわずか4%だった。一方、約4割の薬局で“”に対応済みとなっている。薬事日報恒例の全国保険薬局調査(17年10月末時点)で明らかになった。調査は全国の保険薬局から無作為に抽出した3000軒に実施、587軒から回答が得られた。

今回の調査は改定2年目における主な事項についての推移を中心に行った。主な調査項目は前回と同様に、▽店舗環境・施設基準など▽後発医薬品への対応▽薬学的管理料の状況・その他――を取り上げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【富山県】富士製薬に業務改善命令-後発品企業に再び行政処分
  • 【厚労省】5~11歳ワクチン特例承認-26日に臨時接種可否検討
  • 【医療安全調査機構】誤投与の死亡例5年で36件-確認タイミング明確化提言
  • 【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象
  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ