医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > インプラント周囲炎の原因となるバイオフィルムをキャビテーションで洗浄-昭和大ら

インプラント周囲炎の原因となるバイオフィルムをキャビテーションで洗浄-昭和大ら

読了時間:約 1分21秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月09日 PM12:30

歯周病と類似した症状を示すインプラント周囲炎

昭和大学は2017年12月27日、インプラント周囲炎の原因となるインプラントフィクスチャー表面に付着するバイオフィルムを、キャビテーションを使って洗浄できることを実証したと発表した。この研究は、同大歯学部歯周病学講座の山田純輝助教、滝口尚講師、山本松男教授と、東北大学大学院工学研究科ファインメカニクス専攻の祖山均教授らの研究グループによるもの。研究成果は、歯科用インプラントの専門誌「Implant Dentistry」に掲載された。


画像はリリースより

歯の欠損に対する治療のひとつとして歯科用インプラントがあるが、口腔内環境や習慣により、歯周病と類似した症状を示すインプラント周囲炎が問題となっている。インプラント周囲炎が進行し、フィクスチャーが口腔内に露出すると、粗面加工されたフィクスチャー表面に細菌が付着しやすくなる。インプラント表面の清掃方法として、歯ブラシや歯石を取るスケーラーなどはあるが、十分に除去できるとはいえない。

キャビテーションとは、液体が高速で流れる際、圧力が低下して気体(泡)に相変化する現象。流速の低下により気体から液体に戻る気泡の圧潰時に衝撃力が発生する。

180秒間の噴射で約87%のバイオフィルムを除去

今回の研究では、ヒト口腔内にてインプラントフィクスチャー上に形成したバイオフィルムを対象に、キャビテーション噴流による除去効果を評価。その結果、180秒間の噴射によって約87%のバイオフィルムの除去に成功したという。

また、フィクスチャーのネジ山部とネジ谷部に区分して解析した結果、従来の機械的清掃方法では到達が困難なネジ谷部で、約95%のバイオフィルムの除去が確認された。キャビテーション噴流による洗浄後のフィクスチャーを走査型電子顕微鏡で観察したところ、損傷は観察されなかったという。

今回の研究の結果より、キャビテーション噴流はインプラント表面の新たな洗浄方法への応用が可能だと考えられるという。この技術は、薬剤を用いることなく水だけを使用する点で安全性が高く、歯科医療の現場だけでなく患者が用いるセルフケア製品への応用も期待できる、と研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 妊娠中の薬剤曝露に関する医療情報提供が不必要な中絶や妊娠中の不安を払しょく-成育センター
  • ブドウ種子エキスが閉経女性の肥満を予防する可能性-東北大と東京医歯大
  • 睡眠要求を規定する80種類のリン酸化タンパク質群を同定-筑波大
  • 肝切除術後合併症の予測にMRエラストグラフィーによる肝硬度の測定が有用-福島医大
  • 核酸創薬研究に関する産学官共同研究開発契約を締結-エーザイら